スポンサーリンク

ステファニー・マクマホンが「AEW」と「SmackDownのFOXファミリー入り」について語る

WWEの最高ブランド責任者を務めるステファニー・マクマホンが、インタビューでAEWとSmackDownについて語りました。

AEW

10月2日(水)から、かつてWCWを放送していたテレビ局TNTでAEWのウィークリー番組の放送が始まります。この対抗策としてWWEはNXTを同時間帯にFox Sports1で放送するという話もあり、視聴率戦争が始まりそうな気配を見せています。

AEWについて、ステファニーは次のように語っています。

最終的には、この競争は我々をより成長させてくれると思いますよ。

レスラーの契約途中での退団を禁じ、ストーリーに絡んでいないレスラーに対しても高額&複数年の契約延長オファーを出し、AEWの興行のグローバル配信を担当してきたFITE TV買収を検討する……。

このようなAEW対策は、WWEに変化をもたらしています。結果が出るのはまだ先の話ですが、AEWの誕生によって業界第一位の団体がここまで積極的に動くというのは、他所から眺めている分には面白いですね。

WWEがFITE TVの買収に興味を示していると報じられる。実現すればAEWに大ダメージを与える可能性大
※この報道はFITE TVによって否定されています。 プロレスやボクシング、MMAなどの動画配信プラットフォームとして知られているFITE TV。2019年には新日本プロレスやMLWと契約を結び、PPVの配信を行っています。ま...

SmackDown

10月第1週からSmackDownの放送局がFOXに移動し、放送曜日も火曜日から金曜日に変更されます。これにより、WWEは、NASCAR、NBA、NFLなどと一緒にプロモーションされることになります。このことが団体にとってどれほど大きな変革をもたらすのか?

団体の立場から厳密に見ると、コンテンツの権利価値は3倍以上になりました。この上なく誇りに思いますよ。FOXファミリーの一員であることをこれ以上誇らしく思うことはないでしょう。

FOXは、SmackDownの放映権のために総額10億ドルを超える契約をWWEと結びました。WWEにとっては喜ばしいことです。莫大な資金力を利用してさらに成長していくWWEが今後どのようにプロレス界を生き残っていくのか、注目しましょう。

(Fortune.com)

あわせて読みたい

ジョン・モクスリーとウィル・オスプレイのおかげで新日本プロレスワールドの登録者が増えている模様
7月から8月にかけて開催されている新日本プロレスの真夏の祭典"G1 CLIMAX"。今年もたくさんの名勝負が生まれました。 レスリング・オブザーバーによれば、アメリカとイギリスで新日本プロレスワールドの会員数が増加しているよう...
WWEの女子部門に不満を持つファンがTwitterでキャンペーンを開始 #GiveWWEWomenAChance
2018年のWWE女子部門は素晴らしかったと思っています。UFCのスターファイターだったロンダ・ラウジーのプロレスラー転向、初の女子選手のみによるPPV"Evolution"開催、ベッキー・リンチというカリスマの出現。2019年のレッスルマ...
WWE・HHHが日本公演中にドラゴンゲートの関係者と接触?
6月28・29日に行われたWWEの日本公演。当初は出演予定がなかったHHHが唐突にラインナップに加わったことは様々な憶測を呼びました。その中には、NXT JAPANの創立のための来日ではないか、と予想するファンもいましたね。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談 | ザ・グレート・カブキ, タイガー戸口 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでザ・グレート・カブキ, タイガー戸口の毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談。アマゾンならポイント還元本が多数。ザ・グレート・カブキ, タイガー戸口作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
Amazon.co.jp | 【Amazon.co.jp限定】柴田勝頼デビュー20周年(複製サイン入りブロマイド(ジャケット写真デザイン)付) [DVD] DVD・ブルーレイ - 柴田勝頼
Amazon.co.jp | 【Amazon.co.jp限定】柴田勝頼デビュー20周年(複製サイン入りブロマイド(ジャケット写真デザイン)付) DVD・ブルーレイ - 柴田勝頼
プロレス鎮魂曲(レクイエム) (リングに生き、散っていった23人のレスラー、その死の真実)
プロレス鎮魂曲(レクイエム) (リングに生き、散っていった23人のレスラー、その死の真実)
タイトルとURLをコピーしました