スポンサーリンク

【WWE】中邑真輔が世界ヘビー級王座挑戦への意気込みを語る。「俺がWWEでどうあるべきかを見せる。本物のKing of Strong Styleを」

インタビュー

今週末に開催されるPaybackでセス・ロリンズの持つ世界ヘビー級王座に挑戦する中邑真輔。

2016年のWWE移籍以降、複数のタイトルを獲得してきた彼ですが、団体最高峰のタイトルには手が届いていません。真の最高峰のタイトルはローマン・レインズの持つ統一王座でしょうが、今年新設されたばかりの世界ヘビー級王座も、これから権威をどんどん高めていこうとしているタイトルです。自分色に染め、勝ちを高めていけば、統一王座に匹敵する存在に育てることができるかもしれません。

WWE The BUMPに出演した中邑は、セスとの試合で何を成し遂げようとしているのかに質問され、次のように答えました。

シンプルだ。俺がWWEでどうあるべきなのかを見せるよ。本物のKing of Strong Style、Shinsuke Nakamuraを見せる。

(勝った場合、彼のレガシーにどう影響するか…という質問に対し)俺だけのレガシーじゃない。すべての日本人のレガシーだと思うよ。俺の運命だ。楽しもう、セス。

(セスとのやり取りや攻撃によってファンからそっぽを向かれると思うか、という質問に対し)そうは思わないよ。彼らは喜んでくれるだろう。なにか違うものを見たがっているからね。俺は物事を変えるつもりだ。みんなも、俺に世界を変えてほしいと思っているだろうし。

(トマソ・チャンパやブロンソン・リードとの抗争について)すべては愛だよ。愛。俺は、自分が属する場所、WWEのトップに戻る方法を探さなきゃならなかった。

【WWE】マーク・ヘンリーが中邑真輔とセス・ロリンズの抗争を絶賛。「中邑は最高のパフォーマンス。究極のタイトルマッチにしないとね」
WWE PaybackでのWWE世界ヘビー級王座戦に向けて激しい抗争を繰り広げているチャンピオンのセス・ロリンズと挑戦者の中邑真輔。 中邑はヒールとして初代チャンピオンのセスの前に...

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】アントニオ猪木追悼興行WrestleDreamにウィル・オスプレイが参戦するかも?他の新日本プロレストップレスラーは参戦不可能
AEWが10月1日に開催するアントニオ猪木追悼興行WrestleDream。 PPVの開催数を増やしているAEWにとって、これは毎年6月開催の新日本プロレスとの合同興行Forbid...
【新日本プロレス】ロッキー・ロメロ「オカダ・カズチカとブライアン・ダニエルソンの再戦は日本でやってほしい。アメリカでやるのとは違うかもね」
2023年6月に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行Forbidden Doorのメインイベントで対決したオカダ・カズチカとブライアン・ダニエルソン。 プロレスの歴史に名を残...
タイトルとURLをコピーしました