スポンサーリンク

【AEW】ジョン・モクスリー「俺の関節は70歳のジジイみたいな状態だと医師に言われた。朝はあまり動かない」

インタビュー

AEW移籍後、怪我やトラブルにより戦線を離脱している期間を除いて、ジョン・モクスリーは非常に精力的に活動してきました。

AEWでの過酷な試合の数々はもちろん、新日本プロレスやGCWなどでも命を削るような試合を繰り返しています。もちろん、体へのダメージの蓄積も深刻なものです。

最新のインタビューの中で、彼はレスラーにとって移動がいかに過酷なものであるか、そして彼の関節の状態が非常に悪いことについて語りました。

俺にとって、移動中ほど悪いこと・ダメージのあることはないよ。何年もの間、俺の仕事は「移動」だった。プロレスラーは、プロレスで金を稼ぐ一方で、ある時点で移動こそが人生になるのさ。それが体にどれだけのダメージを積み重ねるか…本当に驚くべきことだよ。

医者に言われたんだよ。俺は関節炎持ちなんだけど、70歳のジジイみたいな状況なんだとさ。屈辱的な話だよな。1〜2年前に言われたから、今は72歳の状態ってことだ。

朝は動きが良くないから、ショーが夜に開催されることを神に感謝だな。夜までにはかなり良くなるから。

もしショーが朝に行われたり、番組収録が日曜日の朝だったりしたら、引退していただろう。終わりだよ。午前中の動きが全然良くないなんて、よくあることだ。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーがビンス・マクマホンとの現在の関係を語る。「『君の活躍を当たり前だと思っていた』と言われ、それから…」
2019年にディーン・アンブローズがWWEから退団した時、彼はクリエイティブへの批判を公言しました。 その後、彼はジョン・モクスリーのリングネームでAEWへ移籍。団体のトップスター...
【AEW】ジョン・モクスリーがブライアン・ダニエルソンを絶賛。「史上最も偉大な『純粋なプロレスラー』だ」
AEWの大人気ユニットBlackpool Combat Clubのメンバーとして共闘するジョン・モクスリーとブライアン・ダニエルソン。 高め合いながら激しい戦いに身を投じる2人は、...
タイトルとURLをコピーしました