スポンサーリンク

ディーボン・ダッドリーが引退を撤回し、本格的に現役復帰すると報じられる

ニュース

先日放送されたインパクト・レスリング番組放送1000回記念番組で約7年ぶりに伝説のタッグチーム「ダッドリー・ボーイズ(チーム3D)」を復活させたディーボン・ダッドリー。

2016年に最後の試合に出場した後、彼はWWEでプロデューサーとして働いていました。近年は複数の健康問題を抱え、2020年には脳卒中を患った彼について、相棒のブリー・レイ(ババ・レイ・ダッドリー)は「ディーボンの身体ではタッグの復活は難しい」とコメントしていたこともありました。

2023年1月にWWEから解雇されたことによりタッグ復活へ向けた歩みが始まり、復帰戦に見事勝利。先日はWWEとレジェンド契約も結んだ2人は、これからどのように活動を続けていくのでしょうか?

レスリング・オブザーバーによれば、ディーボンは引退を撤回し、本格的に現役復帰することを希望しているのだとか。先日開催されたサイン会ではレイが所属するインパクト・レスリングに働きかけていると語っていたそうです。報道によれば、団体にこだわりはなく、インディシーンやインパクト以外の団体でも構わないと考えているようです。

2人がプロレス界に与えた影響は大きなもので、若手レスラーたちからのリスペクトを受けながらレスラーとしての活動を再開することになりそうです。51歳。できることはまだまだあります。

ディーボン・ダッドリーがチーム3D(ダッドリー・ボーイズ)復活への思いを語る。「どれだけやれるのか…できることはたくさん残っている」
9月に放送されるインパクト・レスリングのテレビ番組放送1000回記念番組で約7年ぶりに復活するチーム3D(ダッドリー・ボーイズ)。タッグプロレスの歴史に名を刻む名タッグの復活は、世...
ダッドリー・ボーイズがフィニッシャー「3D」誕生秘話を語る。「レイ・ミステリオとディーン・マレンコの試合を見てひらめいた」
タッグプロレス史に残る名タッグチーム、ダッドリー・ボーイズ(チーム3D)。ババ・レイ・ダッドリー(ブリー・レイ)とディーボン・ダッドリー(ディーボン)のスタイルや技は世界中のプロレ...

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンとHHHのスター育成方針は「忍耐」。ローマン・レインズとドミニク・ミステリオの開花に見るWWEの育成論とは
団体の顔として誰もが認める存在に成長したローマン・レインズと、若手ヒールとして大活躍中のドミニク・ミステリオ。 どんなスターも、ファンから評価を得られない時期はあるものです。2人も...
【WWE】ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)のサプライズ登場でSmackDownの視聴率が大幅上昇したと報じられる
プロレスの歴史に残るビッグスターで、ハリウッドの超人気俳優であるザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)がサプライズ登場したSmackDown最新回。その影響は数字に現れています。 レ...
タイトルとURLをコピーしました