スポンサーリンク

WWEとNetflixの共同制作映画”The Main Event”がクランクアップ

ニュース

WWEとNetflixの初の共同制作作品である家族向け映画”The Main Event”が16日にクランクアップしたとPWInsiderが報じています。撮影はカナダのバンクーバーで行われていました。

この映画のストーリーは、いじめられながらもWWEプロレスラーになることを夢見る10歳の少年がルチャドールの魔法のマスクを手に入れて……というもの。

元アメフト選手のNXTレスラー、ババテュンデが悪役を、150キロの巨漢レスラー、キース・リーが非常に重要な役を演じているとのこと。PWInsiderによれば、この映画の公開に合わせてリーがプッシュを受けても不思議ではないそうです。

この他に、コフィ・キングストン、ザ・ミズ、シェイマス、ベス・フェニックス、オーティス(ヘビー・マシーナリー)、マウロ・ラナーロが出演しているようです。また、インディレスラーも多数出演しているとのこと。WWEパフォーマンスセンターでのゲストコーチ経験のあるエース・スティールが劇中試合のプロデュースをしている模様です。

映画の公開は来年です。

(PWInsider)

あわせて読みたい

WWEはUSAネットワークにNXT放送の売り込みをかけていると報じられる
10月2日(水)からケーブルテレビ局TNTでウィークリー番組(午後8時から10時までの生放送)の放送が始まるAEW。ライバル団体の登場に対し、WWEはNXTをAEWの番組と同時間帯に放送することによって対抗しようと考えているようです。 ...
WWEがSANADA獲得に興味?
3日に開催されたG1 CLIMAX大阪大会でついにライバルのオカダ・カズチカから勝利をもぎ取ったSANADA。ファンからの支持が右肩上がりの31歳に、再びあの団体に関する噂が流れています。 SANADAは新日本所属ではなく、フ...
メキシコの団体AAAのマジソン・スクエア・ガーデン興行の会場が変更に。深刻なチケットの売れ行き不調が原因か
4月6日、新日本プロレスとROHはアメリカ・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで合同興行"G1 SUPERCARD"を開催しました。WWEとの関係が強い会場での歴史的興行はチケットが早々にソールドアウトし、興行としても高評価を得まし...
タイトルとURLをコピーしました