スポンサーリンク

【AEW】アダム・コープランド(エッジ)がこれからのストーリー構築を語る。「頻繁に番組に出て、深いストーリーを作る」

インタビュー

2020年にWWEへ復帰したエッジ。

年間10試合程度に出場する契約を交わし、ランディ・オートンやJudgement Dayのストーリーに関与していました。

しかし、彼は出番が限られた契約に対し、次第に物足りなさを感じるようになり、それがフルタイマーとしてのAEW移籍につながりました。

最新のインタビューで、彼は2020年以降のWWEでのストーリーと、AEWでのこれからのストーリー構築について、次のように語りました。

Judgement Dayのストーリーが終わった後、「うん、それて、これからは?」という感じになってね。

WWEとの間にわだかまりはないし、気まずい感じもまったくない。WWEでの活動には満足していたしね。WWEのことが大好きで、25年もやってきたわけだからさ。

年10試合程度の契約だったんだけど、もっと貢献できると思った。だからそういう提案をしたんだよ。深いストーリーを作りたい、と。

でも、彼らにも言い分がある。頻繁に番組に出れば、特別感は薄れてしまうからね。妥当な考えだ。AEWでも同じようなことが起こるだろう。パターン化して、「あ、またこの人か」と思われる。

でも、ポジティブなこともあるんだよ。3ヶ月おきにちょこちょこと番組に出るよりも深いストーリーを構築できるんだ。

これがすべて。WWEで他に何をすればよかったんだろう?ロースターの大半をと試合をしても、これからを考えられる選手の名前は思い浮かばなかった。でも、他の団体に目を向けると、そういう相手がいた。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーが鈴木みのるからの賛辞を語る。「あれは、今までもらった中でも最高の褒め言葉だった」
2019年にWWEを退団した後、新日本プロレスとAEW、太平洋を跨いで鈴木みのると抗争を繰り広げたジョン・モクスリー。 2人の抗争は多くのファンを引き込む魅力的なもので、お互いのバ...
【WWE】ドリュー・マッキンタイアと解雇されたマット・リドル組の大規模な計画が用意されていたと報じられる
2023年9月にWWEが敢行した大規模リストラの最中に退団したマット・リドル。 トラブルメーカーとして知られ、解雇直前にも「空港で警察官から性的暴行を受けた」と主張したことが原因で...
タイトルとURLをコピーしました