スポンサーリンク

【AEW】ジョン・モクスリーが鈴木みのるからの賛辞を語る。「あれは、今までもらった中でも最高の褒め言葉だった」

インタビュー

2019年にWWEを退団した後、新日本プロレスとAEW、太平洋を跨いで鈴木みのると抗争を繰り広げたジョン・モクスリー。

2人の抗争は多くのファンを引き込む魅力的なもので、お互いのバイオレンスさを存分に発揮した素晴らしい試合を残しました。

この抗争の中で、みのるから言われたある言葉が、モクスリーの心の中に残っているようです。最新のインタビューの中で、彼は次のように語りました。

ある時、鈴木みのるが俺に対して侮辱的なプロモをやってた時に、こんな感じのことを言ったんだよ。「みんなが同じ粘土の塊じゃつまらないだろ」って。

あれは、俺が今までにもらった褒め言葉の中でもナンバーワンの賞賛だったよ。おれにとっては、それこそがプロレスの魅力だ。「何かが違う」ということが好きなんだよ。

スタイル同士の衝突が好きだ。もしG1の舞台でオカダ・カズチカとザック・セイバー・ジュニアが戦ったら?鈴木みのると葛西純の試合はどうなるだろう?その試合がどう進行するのか、クソ気になるんだよ。

俺は、プロレスは音楽のようなものだと思ってる。共通点がたくさんあるんだよ。ヒップホップとロックを混ぜると…Run-D.M.C.とエアロスミスが融合したら、Walk This Wayというまったく新しい曲が生まれた。

プロレスもそうだ。スタイルとスタイルを混ぜると、今までに見たことのないものが見れる。

(SI)

あわせて読みたい

【AEW】MJFがヤング・バックスを批判するファンに反論。「この団体は彼らのおかげで始まった」
2019年に設立されたAEW。The Eliteのケニー・オメガ、コーディ・ローデス、ヤング・バックスが中心メンバーとなり、彼らは副社長に就任しました。 先日、彼らがThe Eli...
【AEW】メルセデス・モネ(サーシャ・バンクス)がFull Gearへの登場を示唆。「暇があればね」
2023年5月の新日本プロレス「Resurgence」でのウィロー・ナイチンゲール戦で足首を負傷し、レスラーとしての活動を停止しているメルセデス・モネ(サーシャ・バンクス)。 20...
タイトルとURLをコピーしました