スポンサーリンク

【AEW】スワーブ・ストリックランドがウィル・オスプレイとの長い付き合いを語る。「弟のようなもの。彼がゲームを変えると分かってた」

インタビュー

33歳のスワーブ・ストリックランドと30歳のウィル・オスプレイは、かれこれ12年近い付き合いがある盟友です。

初めて一緒に試合をしたのは2014年。その後、様々な団体で競い合ってきた2人のシングルマッチの対戦成績は、ストリックランドの2勝0敗です。最後のシングルマッチから7年が経ちました…。

ストリックランドは、オスプレイがスターへ駆け上がっていく前からその才能を理解し、つい最近まで「みんな、まだオスプレイの真の実力を知らない」と思っていたそうです。最新のインタビューで、彼はオスプレイについて次のように語りました。

正直、俺は対戦したい相手のリストなんて持ってないんだよ。ただリングに上ってパフォーマンスをするだけだ。みんなの「対戦したい相手リスト」に乗りたい。俺はリストを作りたくないんだ。それが今の考え方だよ。

ウィル・オスプレイとは、2011年とか2012年の頃、あいつがまだ19歳だった頃から一緒にやってきた。その時点で、あいつこそが世界一になるレスラーだと分かっていたよ。

2016年、あいつはベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに優勝した。俺は、「みんな、まだあの男が何を持っているのかを理解していない」と思った。さらに3年後、あいつは東京ドームのリングの上で活躍していた。その時でさえ、「みんな、まだあの男の真の実力を知らない」と思ったものだよ。

そして今、30歳になったあいつは、AEWと新日本プロレスの合同興行Forbidden Doorでケニー・オメガととんでもない試合をやった。「だから言っただろ。ずっと言ってきただろ」と思ったな。俺はずっとあいつを褒めてきた。俺の弟のような存在で、イギリスではあいつの家に行き、あいつの両親と一緒に過ごしてきたんだ。

ずっと前から、あいつこそがこのゲームを変えるだろうと分かってた。そして、あいつは確かにゲームを変えたんだ。俺は、いつもあいつを全面的にサポートしている。実際、今年はRampageでタッグを組んだしね。

いつか、タイミングがあって、ショーで賭けるべき何かがあるとき…その時にあいつと試合をしたい。なにか意味があるとき、何かがかかっているとき、何かを失う可能性がある時にやりたい。俺は奪い取りたいんだ。takerだからね。何かを奪いたい。

2人の歴史を振り返り、これからのプロレス界に何かを示す…そんな試合になりそうです。

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがメンタルヘルスの問題を語る。「家族から離れ、ホテルの部屋にいる…パフォーマンスに大きく影響してるよ」
観客の前でパフォーマンスし、その評価があらゆる形で伝わってくるプロレスラーという仕事は、肉体的だけではなく、精神的にも本当に大変です。 誰もが認めるトップレスラーであっても、...

(Fightful)

あわせて読みたい

AEWとCMLL、そしてAAAとの関係はどうなる?メキシコ版禁断の扉が開く「条件」とは
次回のAEW・Rampageでは、CMLLのミスティコと新日本プロレスのロッキー・ロメロが対戦します。 CMLLはメキシコのライバル団体AAAに対して厳しい姿勢を取っており、...
【WWE】AEWトニー・カーン社長によるジョン・シナ & アンダーテイカーへの揶揄が「宣戦布告」と見なされていると報じられる
最近は、NXTとDynamiteの直接対決についての話題が多くなっています。 その原因は、AEWトニー・カーン社長がWWEを煽りに煽り倒したこと。ビンス・マクマホンやショーン...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました