スポンサーリンク

【AEW】ブリー・レイが「AEWがWWEと違う存在である重要性」を語る。「AEWはWWEと違う。その事を忘れてはならない」

インタビュー

2023年は番組の視聴率やチケットの売上で苦労しているAEW。

団体設立当初や、ブライアン・ダニエルソン&CMパンクが入団した2021年のような爆発的な勢いはなくなりましたが、それでもプロレス界における役割はとても重要です。

最近、AEWはストーリーよりもリング上のアクションに重点を置く方針に転換しつつあり、それが原因でQTマーシャルやケビン・サリバンといったクリエイティブの重要人物を失うことになりました。

AEWには多くの元WWEスーパースターが在籍していますが、彼らを活用する方法はWWEとは異なるかもしれません。この違いこそ、AEWがAEWたる所以です。

WWE殿堂入りレスラーのブリー・レイは、Podcast番組Busted Open Radioの中で「AEWのプロダクトの見方」について語りました。

AEWを見る時は、意図的にWWEとは違うものの見方をしてる。AEWをWWEやWWEのやり方と比較し始めたら、AEWを徹底的に批判することになるだろうな。AEWは完全に違う団体なんだ。ある種の代替物であることを忘れてはならない。

いいか、プロレスは芸術なんだ。俺たちが見ることのできる絵画はピカソの作品だけじゃないだろ?ピカソの絵を買うために100万ドルを払う人もいるだろうけど、もし俺がタダでピカソの絵を譲り受けても、家には飾らないよ。好みじゃないからね。

(eWrestlingNews)

あわせて読みたい

【AEW】元上層部ケビン・サリバンの解雇にバックステージは「満場一致で不満」と報じられる。ストーリーより試合重視の傾向が強まるか
2019年に旗揚げしたAEWの活動を支えてきた重要人物たちが次々と団体を去っています。 レスラーとしての活動だけでなく、トニー・カーン社長のクリエイティブを側で支え続けていたQTマ...
【AEW】ブライアン・ダニエルソン「骨折している箇所を責められたって、『俺は生きているな』と感じるだけ。ビクともしねえよ!」
2024年1月、東京ドームでオカダ・カズチカとブライアン・ダニエルソンのリマッチが実現します。 2023年6月に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行Forbidden Doo...
タイトルとURLをコピーしました