スポンサーリンク

【AEW】アダム・コープランド(エッジ)がオープンチャレンジへの思いを語る。「本当に楽しい実験だ」

インタビュー

盟友クリスチャンとのライバルストーリーの最中にいたアダム・コープランド(エッジ)は、ここ最近オープンチャレンジで対戦相手を募る「コープ・オープン」に身を投じています。

グリフ・ギャリソン、リー・モリアーティ、ダンテ・マーティン、そして鈴木みのる。これまでに実現しなかった刺激的なマッチアップが次々に実現しています。

オープンチャレンジは彼のアイデアでした。最新のインタビューで、彼は考案の経緯や、さまざまな相手と戦うことへの喜びを語っています。

クリスチャンとのストーリーが進行する中で、次に何が起こるか誰にもわからない、面白いサイドストーリーをしようと思った。

考えれば考えるほど、若いレスラーたちが経験を得るための手段として使えると思ったんだ。考え続けた結果、ふと「相手は誰でもいいんだ」と気付いた。いろんな名前を投げかけて、誰が反応するかを見守っているよ。

楽しい。俺の中に何度も浮かんでくる言葉だ。この言葉がぴったりだよ。

観客は、次に誰が挑戦しに来るかわからない。テレビであまり時間をもらえない若いレスラーたちかもしれないね。本当にクールなことだ。俺が若手の頃なら、そんな機会があれば嬉しかっただろうし、レスリングファンとしてもそういうのは大好きだ。

楽しい実験だよ。何を期待していいかさえわからない。ただ言えるのは、本当に、本当に楽しいものになるということだ。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】アダム・コープランド(エッジ)が鈴木みのるとの対戦実現の裏側を語る。「トニー・カーン社長に『鈴木と戦わせてくれるか?』とお願いした」
Dynamite最新回で激突するアダム・コープランド(エッジ)と鈴木みのる。 誰も予想していなかったスター同士の激突は、マッチアップが発表された段階で非常に大きな話題になりました。...
元WWEシェルトン・ベンジャミンが新日本プロレス時代を振り返る。「プロレスへの情熱が再燃したよ」
2023年9月にWWEから退団し、フリーエージェントになったシェルトン・ベンジャミン。 長いキャリアの中でさまざまな経験を積んできた彼にとって、インディシーンでの活動は刺激的なもの...
タイトルとURLをコピーしました