スポンサーリンク

アンドラーデがWWE復帰のために AEWからの高額オファーを断っていたことが明らかに

ニュース

2023年末にAEWから退団し、2024年1月のRoyal RumbleでWWEへ復帰したアンドラーデ。

WWEでメインロースターとしてし活躍していた頃、あまりチャンスに恵まれなかった彼は機会を求めて2021年にAEWへ移籍。しかし、ここでも十分なチャンスは与えられず、 NXT時代に高く評価してくれた上司HHHがクリエイティブの責任者を務めるようになったWWEへ戻ることを決断しました。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、 AEWは彼に対して「残留するのに十分なオファー」を出したものの、彼はWWEへの復帰を優先してそれを断ったそうです。

オファーの内容が良くても、チャンスを与えられることに直結しないのは言うまでもありせん。それはAEWだけでなくWWEでも同じことですが、妻シャーロット・フレアーが在籍していることや、HHHが現場を仕切っていることなど、彼にとっでポジティブな要素が多いWWEでもう一度やりたい…という思いが強かったのでしょう。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】団体内部でトニー・カーン社長への不満が高まっていると報じられる。コミュニケーションの欠如が問題に
近年、トニー・カーン社長への評価は以前よりもはっきりと賛否両論になってきています。 多くのビッグスターと契約する一方、彼らに出番が集中してしまい活躍の機会を得られないレスラーが複数...
WWE入団濃厚のタマ・トンガがBloodlineへ加わる可能性があると報じられる
新日本プロレスでの活動を終了したタマ・トンガ。 現在、彼はWWEへの移籍が濃厚と見られており、「入団する見込み」との報道もありました。フィン・ベイラー(プリンス・デヴィット)、AJ...
タイトルとURLをコピーしました