スポンサーリンク

元WWEマンディ・ローズが現役引退を否定。「適切なタイミングで戻りたい」

インタビュー

2022年末にWWEから突然解雇されたマンディ・ローズ。

オトナな有料サブスクSNSのOnlyFansに際どい画像や動画を投稿していた彼女は、そのことを問題視されて退団に至ったとされています。保持していたNXT女子王座も失いましたが、彼女は退団後もOnlyFansなどでしっかりと金を稼いでいます。

プロレスラーとしての活動を長期停止中とあって、一部のファンの間では、彼女はプロレスラーから引退したものだと考えられていました。しかし、彼女にその気は無いようです。

最新のインタビューで、彼女はプロレス界復帰の意欲について質問され、次のように答えました。

いつもみんなに言ってるけど、まだブーツを吊るしたつもりはないんだ。真剣に復帰を考えるときもあるよ。

もし、適切なタイミング、適切な場所があれば、「戻りたい」と思ってる。今のところ、絶対にノーとは言わないけど、今は私のための時間と自由を楽しんでいるんだ。

適切なタイミングは必要だけど、まだプロレスラーを辞めたとは思ってない。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】ブライアン・ダニエルソンがビンス・マクマホンとAEWについて話した思い出を語る。「AEWは何をやってるんだ?と聞かれた」
2019年に旗揚げしたAEWに対し、 WWEはあらゆる対策を講じてきました。 所属選手たちの流出防止を目的とした長期契約のオファー、アンダーテイカーらビッグスターのNXT出演。 W...
【AEW】エリック・ビショフがオカダ・カズチカのデビューを分析。「まあまあだ。彼は素晴らしいけどね」
AEWデビューと同時にヒールターンしたオカダ・カズチカ。 新日本プロレスから旅立ち、親友のヤング・バックスやかつてのライバルであるケニー・オメガ、ジェイ・ホワイト、ウィル・オスプレ...
タイトルとURLをコピーしました