スポンサーリンク

【WWE】アンダーテイカーが実現しなかったスティングとの試合を語る。「ビンス・マクマホンが望まなかった。遅かったね」

未分類

アンダーテイカーとスティング。同時代に活躍した2人のレジェンドレスラーは、一度も対戦することがないまま現役を引退することになりました。

2014年、WWEと契約したスティングはアンダーテイカーとの対決を熱望。しかし、彼の望みが実現することはなく、翌2015年のレッスルマニア31でスティングはHHHと、そしてアンダーテイカーはブレイ・ワイアットと対戦しました。その後も対決が実現することはなく、スティングはWWEから去りました。

【AEW】スティングが実現しなかったアンダーテイカーとの試合を語る。「誰もが忘れられない試合になったはずだ」
長いキャリアに終止符を打つスティング、64歳。 これまでに数多のレスラーと対戦し、ビッグスターたちとの歴史を作ってきましたが、同時代にビッグスターとして活動しながらも、一度も対戦が...

アンダーテイカーは、自身のPodcast番組の中で実現しなかったスティングとの試合について語り、なぜ実現しなかったのかを明かしました。

実現していたら、ビッグなショーになっていただろうね。

ただ、うまくいかなかったんだ。彼がWWEで過ごした時間はわずかだったし、ビンス・マクマホンは俺達の試合を望まなかった。どういうわけか……理由はわからないが、彼は魅力を感じなかったらしい。

みんなは、「何年もの間、この試合を求めていた」と言っていた。あのキャラクター変更から1、2年後には、すでに俺のところへビルボードやポスターのアートワークを送っていた人もいた。それはただうまくいかなかった。

まあ、あのタイミングで試合が実現していたとしても、良い試合にはなっただろうけど、みんなの期待に応えるような内容にはならなかっただろうな。人間というものは、特定の感覚で物事を考える。彼らの中では、2007~2008年のアンダーテイカー対スティングを思い浮かべていたんだ。それから何年も経ってから彼がWWEへやってきたわけだけど、俺のキャリアは最終盤に差し掛かっていたんだよ。

【WWE】アンダーテイカーがスティングの引退を語る。「彼のレガシーはAEWを凌駕するものだ。素晴らしいキャリアだった」
64歳にして激しすぎる内容の引退試合に挑んだスティング。 彼の伝説的なキャリアの締めくくりにふさわしい素晴らしい試合になり、リック・フレアーやリッキー・スティムボートらが試合に関与...

(Fightful)

あわせて読みたい

ジャック・ペリーはAEWから解雇されたのか?トニー・カーン社長が「CMパンクとの喧嘩」に激怒の噂
新日本プロレスに参戦中のジャック・ペリー。 AEWの若手4本柱の1人としてファンから愛され、将来性の高さに注目が集まっていた彼ですが、2023年8月のAEWイギリス大会All In...
ニック・ネメスが「空中技が多すぎる現代プロレス」へのイライラを語る。「みんなダイブしてる。誰よりも目立てるならやればいいけど…」
新日本プロレスやTNAに参戦中のニック・ネメス。 かつてWWEで「ドルフ、ジグラー」のリングネームで活躍した彼は、WWEで生まれ育った生え抜き選手でした。WWEの哲学を深く理解し、...
タイトルとURLをコピーしました