スポンサーリンク

【WWE】ベッキー・リンチがレスラーとしてのロンダ・ラウジーを分析。「みんなの想像より下手だった。デビュー戦は素晴らしかったが…」

インタビュー

ここ最近、ロンダ・ラウジーによるWWE批判が話題になっています。

4月に自伝「Our Fight」を出版する彼女は、メディアへ積極的に露出してUFCやWWEでの活動について語っています。WWEについては、HHHの手腕を評価しつつも、ビンス・マクマホンをはじめとした高齢の上層部や、女性を軽視する文化を徹底的に批判しています。

【WWE】ロンダ・ラウジーがHHHを賞賛。「女子部門を尊重してくれた。ビンスじゃなくて彼が私を担当してくれたらよかったのに」
最近、自伝本の出版を前にWWE批判を繰り返しているロンダ・ラウジー。 WWEの女性たちに対する考え方や文化、ビンス・マクマホンやジョン・ロウリネイティス(ジョニー・エース)ら元上層...
ロンダ・ラウジーが自著でWWE&ビンス・マクマホン批判を展開。「サウジアラビアは女性の権利が制限されている。ビンスもそれを望んでいるだろう」
2024年4月に自伝『Our Fight』を発表するロンダ・ラウジー。 UFCやWWEで大活躍したスーパースターは、古巣についてどのように書いたのか…。Inside The Rop...

2018年にプロレスラーへ転向した彼女は、レッスルマニア34でカート・アングルとタッグを組み、HHH&ステファニー・マクマホンと対戦。この試合はファンから高い評価を得ることになり、彼女への期待値が非常に高い状態でWWEでの活動をスタートさせることができました。

しかし、ベッキー・リンチの台頭や、ラウジーのパフォーマンスがファンを満足させられないことが多くなったため、次第に彼女の人気は低下。2023年にWWEから退団した彼女は、WWEへの復帰意思がないことを公言しています。

ベッキーは、最新のインタビューでレスラーとしてのラウジーを語り、彼女が決して上手ではなかったことや、彼女のブッキングがうまくいかなかったことについて語りました。

誰かを失敗させようとしている人はいない。愛情がある相手には、どうすればより良くなるかを考える。何をどうすればより良くできるんだろう?

彼女は別の業界から来た人で、もともとスターだった。デビュー戦が素晴らしかったから、誰もが「彼女はプロレスができるな」と思った。敬意を表して言うけど、下手だったね。

プロレスという世界では、1回良い試合をしたからといって、それでレースに出られるというものではない。それは技術であり、その技術を学び、その技術を学ぶことに熱心でなければならないんだ。

誰もが彼女を既にその技術を持っているかのように扱ったのは、デビュー戦が上手だったから。彼女はカート・アングルと組んで、HHH&ステファニー・マクマホンと働いた。彼女が成功することをみんなが望んでいたから、しっかりリハーサルされた試合だったんだ。

彼女はプロレスができるんだ、レースに出られるんだと思われた。でも、それは彼女への正しい扱いだったとは言えないんじゃないかな。彼女はMMAのために多くのことを成し遂げたスターだった。彼女へのブッキングはうまくいかなかったと思う。

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】RAW最新回でのCMパンクらによる罵倒プロモは制作チームにとって予想外の出来事だった?
レッスルマニア40に向けたストーリーが大いに盛り上がっているWWE。 先日放送されたRAW最新回では、上腕三頭筋を負傷中のCMパンクが登場し、レッスルマニア40で行われるセス・ロリ...
【WWE】ベッキー・リンチがメルセデス・モネ(サーシャ・バンクス)のAEW入団を語る。「女子部門の進化と革命には報酬が支払われるべき」
2010年代のWWE女子部門でスタートして活躍し、女子部門の地位向上に貢献したベッキー・リンチとサーシャ・バンクス。 フォー・ホースウィメンのメンバーでもあった2人のキャリアは比較...
タイトルとURLをコピーしました