スポンサーリンク

【WWE】RAW最新回でのCMパンクらによる罵倒プロモは制作チームにとって予想外の出来事だった?

インタビュー

レッスルマニア40に向けたストーリーが大いに盛り上がっているWWE。

先日放送されたRAW最新回では、上腕三頭筋を負傷中のCMパンクが登場し、レッスルマニア40で行われるセス・ロリンズとドリュー・マッキンタイア戦で特別解説者を務めることが明かされました。

セスもマッキンタイアもパンクに対して複雑な思いを持っており、2023年11月にパンクが復帰した後、彼に対して挑発を繰り返しています。

【WWE】ドリュー・マッキンタイアがSummerSlamでのCMパンクとの対決を希望。「怪我するなよ、ガラスのように壊れやすいんだから」
Royal Rumbleの男子ロイヤル・ランブル・マッチで、CMパンクとドリュー・マッキンタイアは対峙しました。 2023年11月にパンクがWWEへサプライズ復帰した後、マッキンタ...
【WWE】セス・ロリンズ「CMパンクの良いところを言うくらいなら激辛チキンを食べるよ」
2023年11月にCMパンクがWWEへ復帰する前から、セス・ロリンズは彼への批判を繰り返してきました。 セスにとって、パンクは現在のキャリアを築く手助けをしてくれた恩人。それだけに...
【WWE】ドリュー・マッキンタイアがセス・ロリンズを批判。「リーダー気取りだが自己中心的。ツアーバスの中からどうやってロッカールームを牽引するんだ?」
レッスルマニア40の第二夜で世界ヘビー級王座をかけて対決するセス・ロリンズとドリュー・マッキンタイア。 今年のレッスルマニアはコーディ・ローデスやローマン・レインズ、ザ・ロック(ド...

この3人が登場したセグメントでは、それぞれが罵倒プロモを披露しました。Fightfulによれば、彼らは「どう進めるかを大まかに把握した状態で台本なしで思い切ってやってみて、どうなるかを試すつもりだった」とのこと。

その結果が罵倒プロモになったことは番組制作チームにとって予期せぬ事態だったそうですが、セグメントの終了後にバックステージで問題が起きるようなことはなかったといいます。

経験豊富な3人だからこそ、この重要なタイミングで任せることができたのでしょうね。

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】リア・リプリー「いつかドミニク・ミステリオが頂点に立つのを見たい。グンターとの試合で能力を見せつけた」
Judgement Dayの人気メンバー、ドミニク・ミステリオ。 現在のWWEにおいて、観客からのブーイングを引き出す彼の能力はトップクラス。キャリア3年目、26歳にして自己を確立...
【WWE】CMパンク「ザ・ロックが復帰して嬉しい。新時代のWWEは何でもありだよ」
レッスルマニア40に向けて大暴れのザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)。 抗争相手のコーディ・ローデスを徹底的に痛めつけたRAW最新回は大きな話題に。コーディは大流血し、ロック様は...
タイトルとURLをコピーしました