スポンサーリンク

【WWE】ザ・ロック「今のWWEはRenaissance EraではなくFuck That Eraだ」

インタビュー

コーディ・ローデスは、今のWWEについて「Attitude Eraの影響から抜け出し、これまでのやり方とは違うRenaissance Eraだ」と語っています。

この言葉をこれからのWWEを代表する言葉にするべく、彼は商標を出願しました。今後、Renaissance Eraというフレーズをめぐってさまざまな意見が飛び交うでしょう。

【WWE】コーディ・ローデス「我々は、もうAttitude Eraの影に立つ必要はない。今はRenaissance Eraだ」
近年のWWEは団体の歴史上最も大きな成功を収めており、あらゆる面で最高の結果を残しています。 ショーのチケットの売り上げは好調をキープし、コンテンツのネット配信でPeacockやN...

コーディと抗争中で、Attitude Eraを代表するスターの1人であるザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)は、最新のインタビューでコーディとは違う価値観で今のWWEを表現しました。

多くの人が「Attitude Eraが戻ってきた」とか言っているね。俺がこの時代をなんと呼んでいるかというと、言葉遣いが悪くてすまないが、「Fuck That Era」時代だ。

みんなは俺に一つのことを期待し、「こうあるべきだ」と思う姿があるんだろうけど、くそったれ、俺はそうはしない。Final Bossもそうはしない。

興味深いのは、ロック10.0、Ginal Bossに人々が惹かれる理由だよ。俺は言いたいことを言えるけど、彼らには言えない。Final Bossに言わせておけ。

暴言や流血をWWEに復活させたロック様。彼には彼なりの言い分があります。

(Fightful)

あわせて読みたい

ブランディ・ローデスがAEWでの苦い経験を語る。「恐れていたことが目の前で…本来のビジョンから逸れていった」
2022年に夫コーディ・ローデスと共にAEWから退団するまで、ブランディ・ローデスはAEWのチーフ・ブランド・オフィサーを務めていました。 彼女の仕事ぶりは団体内部でも評判になって...
【AEW】トニー・カーン社長がCMパンクによる暴露インタビューへのコメントを拒否。「やめておくよ」
先日、CMパンクはジャーナリストのアリエル・ヘルワニの番組に出演し、AEW時代のトラブルやトニー・カーン社長への率直な評価などを語りました。 AEWでは一貫して「大金を稼げるトラブ...
タイトルとURLをコピーしました