スポンサーリンク

エリック・ローワンが「新たな契約上の義務」でインディ団体参戦をキャンセル。どこかの団体と契約する?

ニュース

2020年にWWEから解雇された後、大手団体と契約せずに活動を続けているエリック・ローワン。

盟友ブレイ・ワイアットやブロディ・リー(ルーク・ハーパー)が亡くなった際はWWEやAEWの番組に姿を見せて追悼に参加していた彼は今、今後のキャリアにおける重要なターニングポイントにいるのかもしれません。

インディ団体East Coast Pro Wrestlingは、来週末に開催されるショーに参加予定だったローワンが「新たな契約上の義務」により出場できなくなったことを報告しました。キャンセルとなるのはEast Coast Pro Wrestlingのブッキングだけでなく、複数団体のブッキングをこなすことができなくなったようです。

「新たな契約上の義務」が生じたということは、彼がどこかの団体と契約した可能性を示唆しています。PWInsiderは、先週、WWEの選手たちがメディカルチェックを受ける街であるピッツバーグに彼の姿があったことを報じています。古巣復帰なのか、それとも…。

(PWInsider, Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】ババ・レイ・ダッドリーがビンス・マクマホンとHHHのマネジメントの違いを語る。「HHHはポール・ヘイマンのように皆と話をしている」
WWEにとって、「脱ビンス・マクマホン」はレッスルマニア40の大きなテーマでした。 ビンスのいない、TKO体制でのはじめてのレッスルマニア。相当な気合の入れ方で本番に挑んだWWEは...
【AEW】HHHのみならずCMパンクも批判しようとしたウィル・オスプレイをトニー・カーン社長が制止したと報じられる
Dynamite最新回はいろんな意味で話題になりましたが、その中でもウィル・オスプレイによるWWE・HHH批判は賛否両論を巻き起こしています。 2023年、代理人バリー・ブルームを...
タイトルとURLをコピーしました