スポンサーリンク

【AEW】ケニー・オメガが憩室炎の闘病生活を語る。「愛猫ドビーがお腹の上を歩くだけでも何かが爆発すると思う」

インタビュー

大腸に厄介な炎症ができ、重篤な合併症を引き起こす可能性もある憩室炎の治療のため、レスラーとしての活動を停止しているケニー・オメガ。

彼がいつ復帰できるかはまったくわかっておらず、治療開始から4ヶ月が経つ今も大変な状態です。Twitchでのゲーム配信を楽しみながら、復帰に向けた治療に取り組んでいます。

最新の配信で、彼は現在の憩室炎の病状や闘病生活について語り、症状がかなり改善されたことや、今後手術が必要になることを明かしました。

LifeMed Clinicというボルチモアにある素晴らしいクリニックは、これまでに何人ものレスラーを助けてきた。ダイヤモンド・ダラス・ペイジのDDP Yogaにも携わっている人たちだよ。クリニックのプロフェッショナルたちは、一般的な腸の健康やペプチド療法のために必要なサプリメントラインを提供してくれていて、日常生活がいい感じになっているよ。

以前は、体調の良い日と悪い日が交互に来ていた。Twitchでの配信がある日は、配信ができるように5時までほとんどベッドから出ないこともあったよ。配信をしたいからね。

点滴や水分補給……少し変に聞こえるかもしれないけど、調子が悪い時は何も消化したくないんだ。飲食すると痛みを感じるから。でも、サプリメントを提供されてから、俺の炎症は大幅に改善し、適切に食事を取ったり水分補給ができるようになったんだ。不快感を覚えることがなくなった。

「手術せずに復帰できるかもしれないな」と思ったこともあるけど、やっぱりダメだ。誰かのダブルフットスタンプを受けたら、何かが爆発してしまうだろうな。それがマルコ・スタントでも里歩でも…。愛猫ドビーが俺のお腹の上を歩くだけでもダメ。9キロちょっとの子なんだけどね。

今は、日常やトレーニングで調子が良いと感じても、衝撃が加わったり、重いものを持ち上げる時に体幹を使う必要があったりすると、危険が増すんだ。すべてがきちんと処理できるようにしなければならない。

(Inside The Ropes)

あわせて読みたい

【AEW】ウィル・オスプレイが自閉症や読字障害との戦いを語る。「契約書を人に読んでもらう必要があるんだ」
AEWのスターレスラー、ウィル・オスプレイは様々な障害と戦っています。 彼は自閉症やADHD、読字障害を持っていることを公言しており、その苦労を語ってきました。生まれつき読み書きが...
【AEW】HHHのみならずCMパンクも批判しようとしたウィル・オスプレイをトニー・カーン社長が制止したと報じられる
Dynamite最新回はいろんな意味で話題になりましたが、その中でもウィル・オスプレイによるWWE・HHH批判は賛否両論を巻き起こしています。 2023年、代理人バリー・ブルームを...
タイトルとURLをコピーしました