スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長がジョン・モクスリーのIWGP世界ヘビー級王座獲得にコメント。「AEWと新日本プロレスの関係に大きな意味を持つ」

インタビュー

AEW初期メンバーの1人で、積極的に新日本プロレスへ参戦しているジョン・モクスリー。

WWEのトップスターの1人として活躍し、AEWでは流血を厭わない激しい戦いに身を投じる彼は、新日本のリングでも壮絶な戦いを見せ、ファンを魅了しています。先日の新日本アメリカ大会Windy City Riotでは、内藤哲也の持つIWGP世界ヘビー級王座を奪い取りました。

彼は、リング上での活躍だけでなく、あらゆる面でAEWと新日本の関係を象徴する存在です。AEWのトニー・カーン社長は、最新のインタビューでモクスリーのIWGP世界ヘビー級王座獲得についてコメントし、それがAEWと新日本にとって何を意味するのかを語りました。

AEW史上最高のスターの1人で、最大のビッグネームの1人でもあるジョン・モクスリーが新日本でIWGP世界ヘビー級王座を獲得し、新日本のトップスターになったことは信じられないことだ。

彼にとって大きな成果であるのと同時に、AEWと新日本のパートナーシップにとっても大きな意味を持つ。AEWと新日本プロレスの両サイドで、みんなこのことに興奮していると思うよ。

モクスリーはレスリングどんたくで成田蓮を相手に初の防衛戦に挑みます。レッスルキングダムまでタイトルを保持できれば、彼は新日本の顔として東京ドームのリングに上がることになりますが、どうなるでしょうか。

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】カール・アンダーソンがタマ・トンガのWWEデビューを賞賛。「Bullet Clubファンにとっては、これ以上クールなことはないね」
SmackDown最新回でジミー・ウーソを襲撃したタマ・トンガ。 NXTではなくいきなりメインブランドでデビュー、しかも天下のBloodlineのストーリーに殴り込み。彼は今後も番...
【WWE】ケニー・オメガ「ローガン・ポールはいい選手だけど、G1 CLIMAXは荷が重い。イリヤ・ドラグノフならいける」
2016年のG1 CLIMAXを制したケニー・オメガ。 出場したG1で多くの名勝負を生み出してきた彼は、AEWのみならず、あらゆる団体に「G1に出てほしいな」と思っているレスラーが...
タイトルとURLをコピーしました