スポンサーリンク

【WWE】「PG Eraは終了した」と認識が団体内で広まる。ザ・ロックとポール・ヘイマンが終わりを告げた?

ニュース

2000年代のWWEは、過激な内容を放送していたそれまでのスタイルから、ファミリー層向けの番組制作にシフトチェンジする過渡期を迎えていました。

2008年7月、WWEの番組に「ファミリー層向けのテレビ番組向けレイティング」であるTV-PGが取り入れられたことで、その後現在まで続くPG Eraが始まりました。その中心的存在はジョン・シナ。彼は幅広い層から愛され、現在はハリウッドで人気俳優として活躍しています。

しかし、2024年に入って、何度か「PGの壁」にヒビが入る出来事がありました。WWEの親会社TKOの取締役に就任し、PG Eraが始まる前のWWEでビッグスターとして活躍していたザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)が復帰し、コーディ・ローデスとの抗争の中で口汚い言葉を使ったり、コーディの頭部から流血させたりと、PG Eraでは避けられてきたシーンを何度も放送したのです。

また、2024年度のWWE殿堂入りを果たしたポール・ヘイマンは、殿堂入りセレモニーでのスピーチの中でECW時代の言葉を彼らしい言葉で堂々と語り、大きな話題になりました。

1993年、この業界はクソみたいな状況だった。裏でろくでもない連中が跋扈していたな。俺はそんな状況を変えたかった。だが、当時は『黙れクソガキ』と一蹴された。WCWの連中は誰もこの賢者の言うことを聞かなかった。

ヒップホップを、ヘビーメタルを、セクシーなおねーちゃんをレスリングにブチ込んだ中で屈強な男たちが殴り合う空間を作りたかった。それはフィラデルフィア(ECW)以外では絶対に興り得なかった!ストーン・コールドが一番最初にビールを飲んだのはECWアリーナだ!エリック・ビショフのクルーザー級というアイディアをレイ・ミステリオがパクったのもECWアリーナだ!ダッドリー・ボーイズが『テーブルを持って来い!』と叫んだのはどこだ?ロブ・ヴァン・ダムがマリファナを吸ったのはどこだ?

俺たちは時代の最先端を行き、この業界を変えたと言っても過言ではない。ECWはまだ生きてるんだ!今このリングで繰り広げられているものを見て分からないか?ECWはまだ生きてるんだ!ECWの魂が滅びたと思っている奴がいるなら、そいつはXXXX野郎だ!

引用:バトルニュース

レスリング・オブザーバーによれば、WWE内部では「ロックとヘイマンのプロモは、PG Eraの公式な終わりだと考えられている」そうです。とはいえ、すぐにテレビ番組の内容が変わるわけではない、とのこと。また、PG Eraの終わりは正式に決まったわけではなく、終了についての議論は続いているそうです。

今後、RAWはNetflixで、SmackDownはCWでの放送に移行します。そのタイミングで、「それぞれのパートナーが何を望むか」に基づいて決定が下されるだろう、とのこと。

かつてのWWEでは、なんとしてでもPGを維持しようとする取り組みが行われてきました。しかし、今後はそうしたことはなくなっていくでしょう。

【WWE】HHHが「ザ・ロックがPGの枠を飛び越えること」を語る。「必要な時にトリガーを引く、ということだ」
ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)がヒールとしてコーディ・ローデスとセス・ロリンズに牙を向くようになってから、彼がPGレイティングの枠を飛び越える言動を取っていることが話題になっ...
【WWE】リア・リプリーがSNSへの考えを語る。「嫌いなんだ。でも、PGだけどPGっぽくない投稿をするのは好き」
WWEのトップスターの1人として活躍するリア・リプリー。 圧倒的な強さと美貌を兼ね備えた彼女は、群雄割拠のWWEにおいてひときわ目立つ存在です。試合よし、マイクよし。カリスマ性やス...
ジョン・シナが「PG化するWWEへの適応」を振り返る。「子どもたちが俺の不道徳なグッズを着ているのを見て、『変わらなきゃ』と…」
2000年代のWWEは、過激路線からファミリー層向けのPG Eraに移行する、団体の歴史においてとても重要なターニングポイントを迎えました。 その中心的存在はジョン・シナでした。P...

(Wrestling Observer, WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【AEW】ウィル・オスプレイがウガンダのプロレス団体SGWへの思いを語る。「裏庭でプロレスしていた頃を思い出す。ウガンダでプロレスをしたいよ」
SNSを中心に大きな話題を集めているウガンダのプロレス団体SGW。 リングのない屋外で激しい戦いを見せる彼らの姿は、プロレスファンのみならずレスラーたちの心もしっかりと掴み、多くの...
元WWEジンダー・マハルが今後の野望を語る。「目標や行きたい場所が沢山ある。日本やヨーロッパ…乞うご期待だ」
先日、WWEはジンダー・マハルら複数の選手たちを解雇しました。 元WWE王座チャンピオンで、中邑真輔との抗争により日本でもおなじみの存在である現代のマハラジャことマハル。2024年...
タイトルとURLをコピーしました