スポンサーリンク

【AEW】ブライアン・ダニエルソンが他団体参戦を控えている理由を語る。「父であること、そして…」

インタビュー

AEWと契約する大物レスラーたちにとって、「他団体にも参戦可能である」というオプションは非常に重要です。

これを最も有効に活用しているのはIWGP世界ヘビー級王座チャンピオンのジョン・モクスリーで、彼は新日本プロレスをはじめGCWなど複数の団体へ積極的に参戦してきました。

しかし、かと同じBlackpool Combat Clubのメンバーとして活躍し、2024年に新日本へ参戦したブライアン・ダニエルソンは、2021年にAEWへ入団して以降、AEW/ROH以外の団体に参戦したのは2024年の新日本プロレス&CMLLのみ。オプションを活用してきたとは言えません。

最新のインタビューで、彼はその理由を語りました。

今の俺のスケジュールと、2人の子供の父親であることを考えると、インディ団体のショーに出るのは難しいね。父親であることをプロレスよりも重要だと考えているからさ。

だから、優先順位をつけていくと、「オーケー、もうXはほとんどやめたな。本質的には、インディ団体へ参戦するのは自分が楽しいだけ。そのためにもっと時間を取りたいと思うだろうか?」という考え方になるわけだよ

妻のブリー(・ベラ)は、俺に腹を立てたわけではないけど、、「ちょっと待って、アレナ・メキシコに行くのは単に楽しみのためなの?」と俺に問いかけてきた。俺は「そうだよ」と言ったけど、それは家を離れる余分な時間を作ることでもあるんだ。

ブリーは俺に何も言わなかったけど、それは俺がいつもやりたかったこと……つまり、アレナ・メキシコでプロレスをすることだと知っていたからだよ。

もインディ団体のショーをやるということは、(AEW社長の)トニー・カーンの視点から見ても……もし俺がそこで怪我をしたら、多くのことが台無しになってしまうんだ。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

ニック・ネメスが新日本プロレスのロッカールームを語る。「何人かからリスペクトを得なければならない」
2024年、ニック・ネメス(元WWEドルフ・ジグラー)は新日本プロレスに参戦しました。 IWGP GLOBALヘビー級王座戦線でデビッド・フィンレーや石井智宏、棚橋弘至と対決した彼...
【新日本プロレス】ロッキー・ロメロがルチャ・アンダーグラウンドと契約寸前になったことを明かす。「エージェントが阻止してくれた。よかったよ」
今や新日本プロレスに欠かせない存在のロッキー・ロメロ。 レスラーとしてだけでなく、NJPW of Americaのショー&タレント担当副社長として大きく貢献している彼は、新日本にと...
タイトルとURLをコピーしました