スポンサーリンク

【WWE】JBLがUFC時代のCMパンクを語る。「勇気のいることだった。誇りに思うよ」

インタビュー

2014年にWWEから退団した後、UFCと契約したCMパンク。

契約解除までに2試合にしか出場しなかった彼ですが、抜群の知名度で大金を稼ぎました。

CMパンクが2016年のUFCデビュー戦で100万ドル以上稼いでいたことが明らかに
2014年にWWEを退団し、UFCと契約したCMパンク。 彼のデビューマッチは2016年のミッキー・ガル戦。注目度は高かったものの、ガルが一方的に責め立てる試合展開となり、2分14...
【WWE】UFCダナ・ホワイト「CMパンクのWWE復帰は素晴らしい。UFC時代の彼もみんなからリスペクトされていた」
2014年にWWEから退団し、2023年に復帰するまでの間、CMパンクは他の誰にもできない経験をしました。 2014年12月にUFCと契約した彼は、2016年と2018年にそれぞれ...
【WWE】CMパンクがUFC時代を振り返る。「後悔はない。クヨクヨするタイプではないから」
2014年にWWEから退団した後、MMA団体UFCと契約したCMパンク。 パンクを語る上で外せないUFC挑戦ですが、結果を残せたわけではありません。2016年と2018年に各1試合...

一般的に、彼のUFCでの活動は失敗に終わったと考えられていますが、WWEのレジェンドレスラーであるJBLはそう思っていません。最新のインタビューで、彼はUFC時代のパンクについて語り、その活動を誇りに思っていることを明かしました。

彼がWWEへやってきた2008年、よく彼と試合をしたものだよ。当時も今も彼のことが好きだし、彼がWWE戻ってきて嬉しい。彼の挑戦を誇りに思っているんだ。

彼の挑戦は素晴らしかったと思う。昨年、ラスベガスで彼に会った時、「君がMMAでやったことを本当に誇りに思っている」と伝えたい。世界で最も得意としていることをやめて、全く別のことをしたんだ。彼がそれに注いだ努力には、多くの勇気が必要だったはずだよ。

俺は彼がその決断をしたことを本当に誇りに思った。彼のしたことは素晴らしかったと思う。そしてWWE戻ってきて、観客が熱狂している。そんな中で怪我をしたのは残念だけど、俺はずっとCMパンクが好きだった。

(Inside The Ropes)

あわせて読みたい

番組の視聴者数低下に苦しむAEW。ブリー・レイ「クオリティは高いのに残念だ」
かつては平均視聴者数が100万人を超えることもあったAEW・Dynamiteですが、近年は視聴者数などのレイティング低下に苦しんでいます。 ここ8週で、平均視聴者数が80万人を超え...
スティングの息子スティーブン・ボーデンがレスラーになるためのトレーニングを開始。ダービー・アリンの自宅に住む
2024年2月に開催されたAEWのPPV「Revolution」では、プロレス界のアイコンことスティングの引退試合が行われました。 還暦を超えても高いパフォーマンスを披露していた彼...
タイトルとURLをコピーしました