スポンサーリンク

WWEとAEWがPWG”Battle of Los Angeles”でスカウティング活動を行う?

ニュース

アメリカ時間9月22日に決勝戦が行われたインディ界トップレスラーの座を決めるPWG主催のトーナメント”Battle of Los Angeles”。

今年の決勝戦はジョナサン・グレシャム & デヴィッド・スター & バンディードによって争われ、バンディードが優勝しました。下の記事で画像等をまとめています。

【PWG】ROHバンディードが"Battle of Los Angeles 2019"優勝
PWGが毎年開催するインディ界最高の男を決めるトーナメント"Battle of Los Angeles"。2019年度の全日程を終了し、優勝者が決定しました。 準決勝のカードと試合結果は次の通り。 ○ジョナサン・グレ...

どうやら、この会場にメジャー団体の経営陣が訪れていたようです。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、AEWからは社長のトニー・カーン、WWEからはジム・スモールマンとグレン・ジョセフ(共にPROGRESSオーナー兼NXT UKプロデューサー)が会場にいたそうです。

実は、BOLAの出場者の多くは数年以内にWWEやAEW、ROHといった一定規模の団体と契約を結ぶ傾向が見られ、このことがトーナメントの価値を高めているのです。

今回の出場者にはAEWから参戦しているレスラーが多数いました。彼らを除いたメンバーは次の通りです。

  1. バンディード(ROH)
  2. ブロディ・キング(ROH)
  3. ジョナサン・グレシャム(ROH)
  4. ジェフ・コブ(ROH)
  5. ドラゴン・リー(CMLL)
  6. 関本大介(大日本プロレス)
  7. アラミス
  8. トニー・デッペン
  9. A-Kid
  10. アルテミス・スペンサー
  11. ケイブマン・アグ
  12. オレンジ・キャシディ
  13. ジェイク・アトラス
  14. ミック・モレッティ
  15. ラッキー・キッド
  16. ブラック・タウラス
  17. レイ・ホルス
  18. プーマ・キング
  19. デヴィッド・スター

必ずスカウトのお眼鏡にかなうというわけではありませんが、そう遠くない未来に彼らがWWEやAEWと契約する可能性は少なくないでしょう。

ちなみに、A-KidにはWWEと契約したのではないかという噂が流れたことがあり、バンディードはWWE・AEW・ROHの争奪戦が行われた結果ROHに入団したという経緯があります。また、デヴィッド・スターはアンチWWEで有名です。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

デイビーボーイ・スミス・ジュニアが「ランス・アーチャー」「AEW」について語る
2019年6月に新日本プロレスを離脱し、活動の拠点をMLWに移したデイビーボーイ・スミス・ジュニア。最新のインタビューで、KESのパートナーだったランス・アーチャー、そしてAEWについて語りました。 ランス・アーチャーについて ...
【AEW】カイリー・レイが謎の退団を経てインディ団体に帰還へ / クリス・ベノワの息子が入団を希望
ニュースをまとめて紹介。 カイリー・レイが謎の退団を経てインディ団体に帰還へ 女子部門のベビー・フェイス・レスラーとしての活躍が期待されていたカイリー・レイ。結局、5月25日開催の旗揚げ興行"Double or Nothing"...
【AEW】ヤング・バックスが「AEW Dynamiteへの意気込み」と「ブッカーとしての仕事」を語る
10月2日から始まるAEWのウィークリー番組"AEW Dynamite"。副社長のヤング・バックス(マット&ニック・ジャクソン)が、最新インタビューの中で番組に向けた意気込みや、ブッカーとしての仕事について語りました。 AEW Dynam...
タイトルとURLをコピーしました