スポンサーリンク

【WWE】ケイン・ヴェラスケスとの契約交渉の裏側が明らかに

先週のSmackDownでブロック・レスナーを襲撃した元UFC世界ヘビー級王者のケイン・ヴェラスケス。CMLLを除く世界中のメジャー団体が興味を示していた大物はWWEのリングに上がりました。

リングには上がったものの、状況は単純ではありません。ショーの終了後、ヴェラスケスはインタビューでWWEと正式に契約を結んでいないと表明。そして、AEW・新日本プロレスとの交渉が続いていることを明かしました。

レスリング・オブザーバーによれば、両者の交渉には思いがけない障害があったそうです。先週の月曜日、ヴェラスケスがWWEに関する発言をしたことでWWE参戦の可能性が浮上したというニュースが流れた時、WWEは交渉を打ち切ったそうです。ヴェラスケスの態度に不満を抱いたみたいですね。

その後どういう経緯があったのかはわかりませんが、メルツァーは実際には両者が契約を結んでいると指摘。もしそうでなければ、レスナーとのアングルをあのような規模で始めることはないだろうとコメントしています。

ヴェラスケスはAAAでのプロレスデビュー戦でマスクを着用しており、ルチャ・リブレ的なムーブを披露していました。しかし、WWEはこのようなペルソナを求めていなかったとのこと。両者が100%納得しての契約ではなさそうなので、今後の動きに注目しましょう。

(Wrestling Observer, Rajah.com)

あわせて読みたい

【WWE】"Hell in a Cell"ショーの終了後に「金返せ」コールが起こる
アメリカ時間10月6日に開催されたWWEのPPV"Hell In A Cell"。カブキ・ウォリアーズ(アスカ & カイリ・セイン)が女子タッグ王座を獲得するという嬉しいニュースはあったものの、ファンからの評判は悪いようです。 ...
【WWE】ジョン・シナがWWEからの退団を否定。今後もプロレスラーと俳優の両立を目指す
近年は俳優としての活動が目立っているジョン・シナ。人気映画シリーズ「ワイルド・スピード」や「スーサイド・スクワッド」の最新作への出演が決定するなど、勢いが止まりません。 その一方で、プロレスラーとしての活動は縮小されています。...
【BJW】WWE UK王者ウォルターが大日本参戦!11月4日、関本大介とタッグを組む
NXT UKのロースターは契約が緩いのか、提携外のインディ団体にも出場することが珍しくありません。今年はトニー・ストームやザイヤ・ブルックサイドがSTARDOMに参戦しました。 そのNXT UKのトップに君臨し、来週のNXTで...
タイトルとURLをコピーしました