スポンサーリンク

NXT JAPAN立ち上げに向けたWWEのこれまでの動き & 最新情報をチェックしよう

ニュース

昨日、レスリング・オブザーバーはDaily Updateで「計画がダメにならなければ、今週中に日本で大きなことが起こる」と、日本で何かが動いていることを報じました。様々な憶測が飛び交っていますが、そのうちの1つである「NXT JAPAN立ち上げ」について、これまでの動きと最新情報をチェックしましょう。

WWEのNXT JAPAN構想が最初に報じられたのは2019年2月のことです。日本の様々な団体と交渉を行うために複数のスタッフを派遣したと報じられました。

その後、6月のWWE Live日本公演に合わせて来日したNXTのシニア・ディレクターHHHはドラゴンゲートの関係者に接触したと報じられています。HHHは東京スポーツのインタビューで、来日の目的についてこう語っています。

――日本での試合を終えて

トリプルH 一番好きな国でもあるし、最高の時間だった。もともとビジネスで来日する予定があって、試合が重なったから出場した。いい思い出ができたよ。

そして、NXT JAPAN創立の可能性については、

 ――自身がトップのNXTの今後は。英国の「NXT UK」に続き、日本にも立ち上げる可能性はあるのか

トリプルH ある。スポーツ文化が成熟し、いいファンがいる日本は外せない。他にも東南アジアならインド、南米ならメキシコとか。将来的にはNXTをいろんな国につくり、ワールドカップのようなものが開催できれば。

WWEの重鎮HHHが語る「来日の理由」「"NXT JAPAN"創立の可能性」
NXTのシニアプロデューサーを務めるHHH。6月28・29日に開催されたWWEの日本公演に合わせて来日し、28日はThe Clubと、29日には中邑真輔とタッグを組んで試合に出場しました。人気・実力に衰えがないことを示したWWEの重鎮が、東...

また、この頃、WWEのスタッフがスターダムの関係者と接触したという情報も流れました。

しかし、10月に入ってからレスリング・オブザーバーがWWEの苦労を報じました。WWE内での優先順位は高く、本気で始動に向けて動いているものの、日本の文化がそれを阻んでいるという内容です。

そして今日、レスリング・オブザーバー・ラジオでNXT JAPANに関する話題が取り上げられました。デイブ・メルツァーによれば、WWEはNXT JAPANという新ブランドを一から立ち上げるのではなく、既存のブランドを新しいベンチャーの出発点として利用することを目的として、プロレスリング・ノアの買収を望んでいたとのこと。しかし、これはうまくいかなかったようです。

複数のインディ団体がWWEとの関係を噂されていますが、すべてが上手くいっているわけではないようです。このメルツァーの発言から、「WWEは不利な状況に置かれている」と見るDirt Sheetもありました。

念のため。オブザーバーのいう「何か」がNXT JAPANのこととは限りません。

(Wrestling Observer, WhatCulture, Cultaholic)

あわせて読みたい

エリック・ビショフがSmackDownのエグゼクティブ・プロデューサーを解任された理由は「不勉強」?
今日、WWEは同社のシニア・バイス・プレジデントを務めるブルース・プリチャードがSmackDownの新たなエグゼクティブ・プロデューサーに就任すると発表しました。前任のエリック・ビショフはWWEを退団しています。 以前...
【WWE】"Hell in a Cell"大不評のメインイベントに対するビンス・マクマホンの反応 / タイソン・フューリーがWWEに参戦する理由はサウジアラビアにあり
ニュースをまとめて紹介。 "Hell in a Cell"大不評のメインイベントに対するビンス・マクマホンの反応 メインイベントのセス・ロリンズ VS ブレイ・ワイアットに関してとんでもない不評の嵐が吹き荒れている"Hell i...
【WWE】フィン・ベイラーのNXT復帰戦が発表される / ウーソズはどうなっているのか?
ニュースをまとめて紹介。 フィン・ベイラーのNXT復帰戦が発表される 現地時間10月2日に放送されたNXTにサプライズ登場し、その後正式にNXTへの移籍が発表されたフィン・ベイラーが、NXTの巡業に参加することが発表されました。...
タイトルとURLをコピーしました