スポンサーリンク

【WWE】ジョーダン・マイルス(ACH)の黒人差別告発騒動UPDATE: WWEも必死だった

先日、WWEのジョーダン・マイルス(ACH)はTwitterで退団を報告しました。彼はWWEがデザインした彼のTシャツが黒人差別的であると告発し、WWEのみならず、ROHやジェイ・リーサルなどへの批判をSNSで投稿していました。

【WWE】ジョーダン・マイルス(元ACH)の黒人差別告発が暴走し、プロレス界全体に困惑が広がっている?
先日、ジョーダン・マイルス(元ACH)はWWEがデザイン・販売した彼の新Tシャツが黒人差別的であることを告発しました。そして、告発の一連の流れの中で、マイルスは怒りを様々な方面にぶつけてきました。WWEだけでなく、ROHやジェイ・リーサルに...
【WWE】ACHの帰還。ジョーダン・マイルスがWWEからの退団を報告。「レイシストたちのために働くのはやめた」
10月下旬に大きな話題を集めたWWEジョーダン・マイルス(元ACH)の黒人差別告発騒動。WWEがデザインした彼の新Tシャツが人種差別的であると指摘したことがきっかけでとなったこの騒動の中、彼がWWEパフォーマンス・センターにしばらく顔を出し...
WWEを退団したACH。AEWは彼の獲得に興味を示すか?
WWEがデザインしたTシャツが黒人差別的だと告発し、徹底的に闘う姿勢を見せていたジョーダン・マイルス(元ACH)。今朝、WWEからの退団を表明し、Twitterアカウント名をACHに戻しました。インディ界への復帰に向かっているようです。詳し...

レスリング・オブザーバーは、彼とWWEの最新情報を伝えています。曰く、マイルスがこの問題を公表する前、そしてWWEパフォーマンス・センターから姿を消す数週間前から、WWEは彼をなんとかして手助けしようと賢明に努力していたそうです。この「手助け」というのが具体的に何を意味するのか、その詳細は明かされていません。

2019年春に入団したマイルスに対し、WWEはビッグ・プッシュの計画を用意していました。プロレス界でもトップクラスのポテンシャルを持ち、親しみやすいキャラクターの持ち主でもあった彼を売り出すためにいろんな用意をしていたのだと思われます。

結局、彼はSNSで怒りを爆発させ、WWEを口汚く罵る内容の動画内で退団を報告するまでに至りました。ジョーダン・マイルスというリングネームを「奴隷ネーム」だと切り捨て、”Super”ACHに戻ることを宣言したアルバート・ハーディー・ジュニア(本名)は今後どのような活動に身を投じていくことになるのでしょうか。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】オニー・ローキャンが団体にリリースを要求していたことが明らかに
先日、シン・カラがWWEに対しリリースを要求した件が話題になりました。彼の要求は受け入れられず、契約が切れる2022年春までどんなに不満があろうとも団体に残らなければならない状態になりそうです。 そしてもう1人、実は先月末にリ...
WWE 2KのFacebookアカウントがハッキングされ、プロフィール写真などがAEWのロゴに変更されるという事件が起きる
歴史的なバグ満載ゲーム"WWE 2K20"で株を大きく落としてしまったWWE 2Kシリーズに関するニュース。 WrestlingNews.coによれば、WWE 2KのFacebookアカウントがハッキングされ、プロフィール写真...
【WWE】サミ・ゼインが中邑真輔のマネージャーとしての活動について語る
ここ最近はテレビ放送で試合をすることなく、中邑真輔のマネージャーとして活動しているサミ・ゼイン。プロモの上手さを遺憾なく発揮している現状について、彼はどう考えているのでしょうか。 VultureHoundによるインタビューの中...
タイトルとURLをコピーしました