スポンサーリンク

AEWがC2E2でPPV”REVOLUTION”を開催することを発表。「AEWにとって過去最大のPPVになる」

ニュース

AEWは四半期に1度PPVを開催することを予定しています。春は”Double or Nothing”、夏は”ALL OUT”、秋は”Full Gear”が毎年開催のPPVブランドになることが決まっていますが、冬のPPVに関しては発表がありませんでした。

今日、AEWは2020年2月29日にPPV”REVOLUTION”を開催することを発表しました。この大会は全米有数のポップカルチャーの展示会イベント「シカゴ・コミック&エンターテインメント・エキスポ(C2E2)」の催し物の1つとして行われるようです。

社長トニー・カーンによるプレスリリースは以下の通り。

“REVOLUTION”はAEWにとって最大のPPVイベントになります。C2E2との提携により、これまでに提供してきた中でも最大級のカードを用意します。そこでの経験は、これまでのプロレスで見たことのないものになり、一日中、一晩中、週末中ずっと続くでしょう。

“REVOLUTION”という名前は今回の発表が初出ではありません。AEWは8月上旬にこの名称の商標を取得しており、一時はウィークリー番組のタイトルになることが予想されていました。結局、番組のタイトルは”Dynamite”に決定し、”REVOLUTION”を何に使うのかは不明の状態が続いていたのです。最近の噂では、冬のPPVの名称は11月に商標を取得した“Blood & Guts”になる可能性が高いとされていましたが、ここに来て”REVOLUTION”が復活したという形になります。

(ProWrestlingSheet)

あわせて読みたい

【WWE】ルーク・ハーパー、シン・カラらの退団に関する情報
先日、WWEはルーク・ハーパー、シン・カラ、ジ・アセンション(コナー&ヴィクター)の4人を解雇したことを発表しました。このうち、ハーパーとシン・カラは以前から退団を希望しており、願いがかなった形での旅立ちとなりました。 ...
ビッグ・キャスがAEWジョーイ・ジャネラに脅迫ツイート。「その時はお前の人生は終わりだ」
プロレス界の問題児ビッグ・キャスは2019年も悪い意味で話題になり続けました。4月には新日本プロレスとROHの合同興行"G1 SUPERCARD"に乱入してブリスコ・ブラザーズを襲撃し(アングル)、9月にはインディ団体の控室でAEWジョーイ...
ジョン・モクスリーはAEWでどの程度のクリエイティブの自由を得ているのか
2019年4月にWWEを退団し、AEWとフルタイム契約を結んだジョン・モクスリー。新日本プロレスにも参戦し、2020年の東京ドーム大会「レッスルキングダム14」ではランス・アーチャーの持つIWGP US王座に挑戦することが決まりました。 ...
タイトルとURLをコピーしました