スポンサーリンク

ジョン・モクスリーはAEWでどの程度のクリエイティブの自由を得ているのか

インタビュー

2019年4月にWWEを退団し、AEWとフルタイム契約を結んだジョン・モクスリー。新日本プロレスにも参戦し、2020年の東京ドーム大会「レッスルキングダム14」ではランス・アーチャーの持つIWGP US王座に挑戦することが決まりました。

【新日本プロレス】ジョン・モクスリーも帰ってきた!IWGP US王者ランス・アーチャーに挑戦状を叩き込む
2019年10月14日に開催された新日本プロレス"King Of Pro Wrestling"は波乱の大会になりました。12日に関東に上陸し、猛威を振るった台風19合の影響でザック・セイバー・ジュニアとジョン・モクスリーが来日できず、当日に...

良くも悪くもビンス・マクマホンの考え次第で動くWWEとは異なり、AEWは各レスラーにクリエイティブの自由が与えられます。以前、若手有望株のダービー・アリンは、この点について次のように語っていました。

多くの人は、私と初めて会う時点では私のプレゼン方法がわからない。AEWは「どうプレゼンしてほしい?」というやり方だ。「これが君をプレゼンする方法だよ」というようなやり方じゃない。想像上の自由を与えてくれ。WWEなら、俺をボイラールームで一人気持ちよくなってるような奇妙な奴にしてただろう。

WWE退団後、モクスリーはWWEのクリエイティブの自由が欠落していることを批判し続けてきました。AEWのトップレスラーの1人であるモクスリーには、アリン以上の自由が与えられていると予想されます。

実際のところはどうなのか?インタビューの中で、モクスリーはこう語りました。

ほとんどの場合は共同作業だ。素晴らしいアイデアがたくさん出てくる。本当にいいアイデアがね。自分がバカに見えるようなことはしないように完全にコントロールしてるんだ。少なくとも意図的にすることはない。

この言葉から察するに、モクスリーに関するすべての物事は彼の許可のもとで行われているのでしょう。互いにアイデアを出し、納得のいく形で実行する。これならストレスが溜まることはありませんし、WWEのクリエイティブに悩まされ続けたモクスリーにとってはいい環境だと言えます。

(SESCOOPS)

あわせて読みたい

【WWE】ルーク・ハーパー、シン・カラ、ジ・アセンションがリリースされる。その理由とは?
2019年12月8日、WWEはルーク・ハーパー、シン・カラ、ジ・アセンション(コナー&ヴィクター)の4人をリリースしたと発表しました。 2019年1月に創設された団体AEWへの強い意識から、4月以降、WWEはレスラーを契約途中...
【新日本プロレス】ドラゴン・リーが帰ってくる!リングネームを改め、東京ドームでライガーに挑戦
2019年9月にCMLLを解雇された人気ルチャドール、ドラゴン・リー。退団後はROHを中心に様々なインディ団体の大会に参戦し、12月1日にはCMLLのライバル団体AAAのリングに上がり、AEWケニー・オメガの持つAAAメガ王座に挑戦しました...
ACHがプロレスを辞める?今後の予定をすべてキャンセルし、「プロレスが嫌いだ。辞める」と吐き捨てる
もう、彼のことは誰にもわかりません。理解しようとしても無理です。 WWEがデザインしたTシャツが黒人差別的であると告発し、団体と対立して退団に至り、インディ界への復帰を果たしたACH。告発の中でROHやジェイ・リーサルなど、様々な対象...
タイトルとURLをコピーしました