スポンサーリンク

AEWの旗揚げ興行が待ち遠しいジェフ・ハーディ。AEW参戦の可能性についても触れる

兄のマット・ハーディが現場復帰し、ハーディ・ボーイズとしての活動を再開したジェフ・ハーディ。2人とWWEの契約は今年の3月で切れることになっていましたが、新たに3年契約を結び、早速SmackDownタッグ王座を戴冠。今後はタッグ戦線の中心として活動していくことなると思われます。

先日、Podcast番組に出演したジェフは、All Elite Wrestlingの旗揚げ興行”Double or Nothing”(5月25日開催)が待ちきれない!とコメント。その理由を次のように語りました。

めっちゃ楽しみだよ。ヤング・バックスのことは大好きだし、クリス・ジェリコがAEWにいる状況も好き。一体何が起きるのか楽しみでたまらないね。何が起きるのか、興行をみて自分がどう思うのか、どれくらいの長さになるのか……。旗揚げ興行の日が待ちきれない。

WWEとの契約を更新したばかりですが、AEWにも興味津々の模様。AEWの動向に注目していないレスラーはおそらくいないのでしょうね。

また、ハーディ・ボーイズが将来AEWに出場する可能性については、「そのうち分かるよ」と明言を避けました。AEWへの移籍も噂されていた2人ですが、結局はWWEに残留。AEW創立当初はWWEからAEWに移籍するレスラーが何人出るんだろう!?とかなり話題になっていましたけど、結局移籍しそうなレスラーは現れませんでしたね。Slice WrestlingはWWEから退団予定のディーン・アンブローズに対してAEWが年俸6億円のオファーを出したと報じましたけど、WWEに残る選択肢もあるそうです。

結局、旗揚げ興行時点でのAEWのスター・レスラーは、ケニー・オメガ、ヤング・バックス、Cody、ジェリコの5人ということになりそうです。

(参考:WrestlingInc

・あわせて読みたい

RAWで大”AEW”チャントが起こる / ディーン・アンブローズのラストスピーチ、The Shield最後の再集合
ニュースをまとめて紹介。 RAWで大”AEW”コールが起こる レッスルマニア明けのRAWは観客のテンションがおかしなことになりがちなんだとか。日本時間9日に行われたRAWのメインイベント中に、観客から大”AEW”チャントが起きま...
クリス・ジェリコのバンドがソニー・ミュージックと契約。契約できた理由はAEWかも
クリス・ジェリコ率いるバンド"Fozzy" クリス・ジェリコはプロレスラーとしての活動と並行してバンドの"Fozzy"のフロントマンを務めています。新日本プロレス参戦時の入場曲"Judas"はFozzyの楽曲なんですよ。ご存知でしたか? ...
デビッド・フィンレーが語る「The Eliteの離脱」。AEW創立によって新日本プロレスに何が起こるのか
新日本プロレスのデビッド・フィンレー。ヤングライオンを卒業してからなかなか活躍の機会に恵まれませんでしたが、2019年は飛躍の1年になるかもしれません。ROHで新ユニットLifebloodの立ち上げに参加し、3月に行われたNEW JAPAN...
タイトルとURLをコピーしました