スポンサーリンク

【WWE】アンドラーデがウェルネス・ポリシーに違反し、停職処分を受けたと報じられる

ニュース

2020年1月1日にシャーロット・フレアーと婚約し、幸せの絶頂にいるアンドラーデ。しかし、当分の間テレビに出られない可能性があるようです。

Pro Wrestling Sheetによれば、アンドラーデはウェルネス・ポリシーに違反し、30日間の停職処分を受けたそうです。彼は27日朝に抵触を知らされたそうで、具体的に何が抵触したのかは不明です。

RAWの最新回で、アンドラーデはウンベルト・カリーヨを相手にUS王座の防衛戦を行いました。試合はゼリーナ・ベガの介入によってカリーヨが反則勝ち。しかし、反則裁定のため、ベルトの移動はありませんでした。PWSは、このストーリーがアンドラーデの30日間の出場停止のためのものである可能性を指摘しています。

2019年12月、ロバート・ルードがウェルネス・ポリシーに違反しました。30日経過後、彼は問題なく復帰しています。そのため、この報道が事実だとしても、アンドラーデはルードと同様に3月には復帰できるだろうと思われます。

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトとマーティ・スカルのシングルマッチがROH"Supercard of Honor"で実現へ
Bullet Clubの4代目リーダーと元ELITEがレッスルマニア・ウィークエンドで激突!かも! 現地時間1月27日に行われた新日本プロレスのアメリカツアー" THE NEW BEGINNING USA"ローリー大会。この日...
AEW初の退団者となったカイリー・レイが、精神疾患を抱えていること、そしてその対処法について語る
AEWと契約し、旗揚げ興行"Double or Nothing"にベビーフェイス・レスラーとして出場したものの、理由が明かされないまま退団してしまった女子レスラー、カイリー・レイ。現在は再びインディシーンで活動している彼女が、Instagr...
タイトルとURLをコピーしました