スポンサーリンク

【新日本プロレス】タンガ・ロアが「2018年のBullet Club分裂」について語る

インタビュー

兄タマ・トンガとのタッグチーム「ゲリラズ・オブ・デスティニー」のメンバーとして活躍するタンガ・ロアが、Bullet Clubの歴史において非常に重要な時期だといえる「2018年」について語りました。

2018年、当時のリーダーだったケニー・オメガとCodyとの間に生じたイザコザがきっかけでBullet Club内の人間関係に亀裂が生じ、”Bullet Club OG”と”Bullet Club ELITE”の2チームに分裂するという騒動がありました。ロアはOGの一員として、ケニーやヤング・バックスなど、現在のAEWの中心メンバーが所属していたEliteと対立する立場でした。

この時のことについて、彼はどう考えているのでしょうか?

みんなもわかると思うけど、あの時のBullet Clubには本当の違いがあったんだ。ケニーやバックス、Codyといった才能溢れるメンバーがいた。マーティ(・スカル)もそうだよね。

Bullet Clubのオリジナル・メンバーたちは、ルーツや伝統、ユニットが結成された当初の考え方が失われたような気がしていたんだと思う。だから、ブレーキを踏んで、Bulle Clubのメンバーであることを認めさせる必要があったんじゃないかな。サンフランシスコは俺たちが超えてはならない境界線を示さなければならなかったポイントだったと思う。

2018年7月17日、アメリカ・サンフランシスコのカウ・パレスで行われた”G1 Special In San Francisco”のメインイベントはIWGPヘビー級王者のケニーと、彼との意見が対立していたCodyによるタイトルマッチでした。試合はケニーが防衛に成功。2人は和解を果たすものの、GODがケニーを襲撃し、Bullet ClubはOGとELITEの2つに分かれてしまいました。

7.7 G1 SPECIAL IN SAN FRANCISCO ショートハイライト!

ケニー主導のダークヒーロー路線に対して不満の声を上げるファンもいたのは事実。プリンス・デヴィット、AJスタイルズと共に築き上げてきたユニットに変化が生じることへの反発が内部からも湧き上がっていたのであれば、あの分裂は必然だったのでしょう。新日本にケニーの居場所がなくなってしまったのも運命だったのかもしれません。

ケニーの退団後、ジェイ・ホワイトがBullet Clubの4代目リーダーに就任し、ユニット内には結成当時の価値観が蘇りました。後にELITEがAEWを旗揚げすることも考えると、この日のOGの行動がプロレス界に与えた影響は大きかったと言えるかもしれません。

(POST Wrestling)

あわせて読みたい

【AEW】ダスティン・ローデスが一部ファンのナイラ・ローズに対するトランスジェンダー嫌悪発言を批判。「うんざりだ」
現地時間2月12日に放送された里歩とのタイトルマッチを制し、AEW女子世界王座を勝ち取ったナイラ・ローズはトランスジェンダー・レスラーです。 AEW所属のLGBTを公言しているレスラーはローズとソニー・キスの2人。ともにLGB...
ジョン・モクスリーが「新日本プロレスとAEW」「海野翔太」について語る
AEWとフルタイム契約を結んでいながら新日本プロレスにも参戦し、IWGP US王座を保持しているジョン・モクスリーがインタビューで新日本について語りました。 新日本プロレスとAEWについて 御存知の通り、AEWはTHE ELIT...
タイトルとURLをコピーしました