スポンサーリンク

バッドラック・ファレが新日本プロレスとの契約状況を明かす

ニュース インタビュー

Bullet Clubのバッドラック・ファレがFightfulのインタビューに応じ、様々な事柄について語っています。その中で、新日本との契約についても触れていました。

ファレは2010年4月に中西学戦でデビュー。2013年にはBullet Clubの初期メンバーとなり、2014年にはIWGPインターコンチネンタル王座を獲得しました。近年は地元ニュージーランドで後輩の育成にも取り組んでいます。

2016年、ファレは新日本と2年契約に合意したと報じられました。現在の契約内容はどうなっているのでしょうか?

あと2年残っているよ。(2018年に)5年契約を結んだんだ。新日本じゃ聞いたことないね。双方にとって良いことだよ。短期契約なら他所を探してた。長期契約のオファーが来るということは、団体は俺に残ってほしいと思っているということだ。

ということで、ファレは2022年の1月までは新日本に在籍することになるようです。彼が団体から与えられているリング外の役割から察するに、今後も彼の存在は重宝がられるでしょう。

(Fightful)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ABCのシットコム番組"Black-ish"でオカダ・カズチカ VS 棚橋弘至戦がネタにされる
ABCが2014年から放送しているシットコム番組"Black-ish"で、新日本プロレス関連のギャグがありました。 ^tfw|twcamp^tweetembed|twterm^1229843024252825601&r...
ジョン・モクスリーが「新日本プロレスとAEW」「海野翔太」について語る
AEWとフルタイム契約を結んでいながら新日本プロレスにも参戦し、IWGP US王座を保持しているジョン・モクスリーがインタビューで新日本について語りました。 新日本プロレスとAEWについて 御存知の通り、AEWはTHE ELIT...
タイトルとURLをコピーしました