スポンサーリンク

マット・ハーディがWWEから退団し、フリーエージェントになったことを報告する

ニュース

以前からWWE退団が噂されてきたマット・ハーディ。団体との契約は3月1日に切れると報じられており、去就に注目が集まっていました。PWInsiderは、WWEがマットに対しNXTでの職をオファーし、残留する可能性が高いと報じていましたが……。

今日、マットはYoutubeの公式チャンネルで、WWEを退団し、フリーエージェントになったことを明かしました。

今のところ、WWEとの契約を満了させることにしました。私はフリーエージェントになります。WWEに戻らないとは言っていません。

自分のクリエイティブな見解と、自分自身と自分のキャリアに関するクリエイティブな見解に関しては……WWEとは考え方が異なります。

クリエイティブ・ルネッサンスに入りたいと思っています。自分のクリエイティブなプロセスにノンストップでインプットしたいと思っています。それがWWEとの考えが異なるところだと思います。

私に残された時間は長くありません。時間は刻一刻と迫っています。時間を無駄にするには年を取りすぎました。今やらなきゃいけない。1年も2年も待っていられません。今やらなきゃ。

マットは、今週はAEWやROH、新日本プロレスなど、多くのプロレス団体の番組を見ると語っています。契約する可能性はすべての団体にあるというステートメントですね。

また、いつかWWEに戻ることがあるかもしれない、ハーディ・ボーイズでWWE殿堂入りするかもしれないとも語っています。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

コルト・カバナがAEWとの契約についてコメントする
現地時間2月29日に行われたAEWのPPV"Revolution"終了後の記者会見で、社長のトニー・カーンがコルト・カバナと契約を結んだことを明かしました。 この件について、カバナはTwitterでこうツイートしていま...
【新日本プロレス】ケニー・オメガのオカダ・カズチカ評は「現代のリック・フレアー」
新日本プロレスで何度も名勝負を繰り広げたオカダ・カズチカとケニー・オメガ。現在は別の団体で活動するオカダのことを、オメガはどう考えているのでしょうか。 Bleacher Reportのインタビューの中で、オメガは次のように語っ...
タイトルとURLをコピーしました