スポンサーリンク

映画俳優CMパンクの出演最新作はまたしてもホラー映画

ニュース

映画俳優としても活動しているCMパンク。2019年には出演した2本の映画(ジャンルはいずれもホラー)が公開されました。

Deadline Hollywoodによれば、パンクの出演最新作”Jacob’s Wife”の撮影が最近終わったそうです。パンクの過去作”Girl on the Third Floor”の監督も務めたトラビス・スティーヴンスが監督し、他の出演者には「サプライズ」などで知られるホラー映画界のレジェンド、バーバラ・クランプトンやラリー・フェセンデンなどがいます。

パンクの役柄や公開時期など、詳細は不明。ちなみに、”Girl on the Third Floor”の評判は「批評家からは高評価、観客からは低評価が付けられる」という感じでした。

Girl on the Third Floor – Official Movie Trailer (2019)

あわせて読みたい

AEW社長トニー・カーンが新日本プロレスについて語る。「お互い様ではない」
2019年に旗揚げした団体AEWの中心を担っているのは新日本プロレスとROHで活動していたThe Eliteのメンバーたち(ケニー・オメガ、ヤング・バックス、Cody、ハングマン・ペイジ)です。ペイジを除く4人は団体の副社長に就任し、忙しい...
【WWE】レッスルマニア36の開催地タンパで初のコロナウイルス感染者が確認される
今年のレッスルマニア36は4月5日にフロリダ州タンパで開催されます。世界的な新型肺炎の流行が話題になっている中、WWEのステファニー・マクマホンは次のようにコメントしています。 ファン・ベースだけではなく、スーパースターたちの健康と安全も...
タイトルとURLをコピーしました