スポンサーリンク

マイケル・エルガン&エディ・エドワーズが、女性レスラー、テッサ・ブランチャードの持つインパクト世界王座に挑戦!

ニュース

2019年に新日本プロレスを退団し、現在はインパクト・レスリングを主戦場としているマイケル・エルガン。今日放送された番組内で、同団体の最高峰のベルト、インパクト世界王座への2度目の挑戦が決定しました。

現在、同王座のチャンピオンは女性レスラーのテッサ・ブランチャードです。ここ数週間の間、エルガンとエディ・エドワーズが彼女への挑戦権を賭けた5番勝負を行ってきました。現地時間3月10日の放送では、2勝2敗で迎えた5戦目が放送されました。

結果は意外にもダブルフィニッシュによるノーコンテスト。状況はちょっと複雑です。終盤、エルガンがうつ伏せ状態のエドワーズの上に乗ってクロスフェイスをしかけます。エドワーズはそこから体を回転させて体勢を逆転させ、エルガンの背中・両肩がリングと接している状態に(図らずも?)持ち込みました。レフェリーはエルガンの両肩がリングについているため3カウントをはじめ、レフェリーが「3」を数えた瞬間にエドワーズがタップアウトしたのです。映像で確認したい方は下の動画を再生してください。該当箇所から始まります。

CONTROVERSY as Michael Elgin vs Eddie Edwards Best of 5 Concludes! | IMPACT! Highlights Mar 10, 2020

5番勝負の結果は2勝2敗1ノーコンテストに。決着がつかなかったことに関係者も騒然とする中、テッサがチャンピオンベルトを持ってステージに現れました。そして、2人を挑戦者として受け入れると宣言したのです。女性レスラーが男性のムキムキレスラー2人と同時に対戦することになってしまいました。1人でも大変なのに……。

エルガンにとってはこれが同王座への2度目の挑戦となります。試合は4月19日にニューヨークで開催されるPPV”Rebellion”で行われます。

あわせて読みたい

【WWE】リコシェが「NXT」「ブロック・レスナー戦」を語る
ドラゴンゲートや新日本プロレスでも活躍したWWEのリコシェ。メインロースター昇格後はRAWのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるポール・ヘイマンに実力を認められ、一定のプッシュを受けてきました。しかし、最高責任者のビンス・マクマホンは彼を...
【AEW】ケニー・オメガが負傷で1〜2週間の欠場へ。ハングマン・ペイジはミステリー・パートナーとタッグを組むことに
現地時間2月29日に開催されたAEWのPPV"Revolution"で負傷したことが報じられていたケニー・オメガ。AEWから彼の怪我についての公式発表がありました。 いわく、ケニーは負傷により1〜2週間欠場することになったよう...
タイトルとURLをコピーしました