スポンサーリンク

【WWE】リコシェが「NXT」「ブロック・レスナー戦」を語る

インタビュー

ドラゴンゲートや新日本プロレスでも活躍したWWEのリコシェ。メインロースター昇格後はRAWのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるポール・ヘイマンに実力を認められ、一定のプッシュを受けてきました。しかし、最高責任者のビンス・マクマホンは彼を評価せず、プッシュを「諦めた」と報じられています。

【WWE】ポール・ヘイマンによるリコシェとシェイナ・ベイズラーのプッシュにビンス・マクマホンが反対?
RAWのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるポール・ヘイマンと、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンとの間で2人のレスラーに対する意見が対立しているようです。 先日行われたサウジアラビア大会"SUPER SHOWDOWN"で...

最新のインタビューの中で、彼はNXTとブロック・レスナーについて語っています。

2018年2月から2019年3月までの間、リコシェはNXTの人気者でした。本人もNXTを「故郷」だと考えているようです。

NXTは常に故郷と呼びたい場所だね。あそこにいる間は楽しかった。今は露出が増えて、水曜日にUSAネットワークで放送されてるけど、とても大きなことだと思うよ。

彼らが俺の手を借りたいと思うなら、いつでも行くつもりだ。確実に。問題ないよ。

フィン・ベイラーのように主戦場を移すことはないでしょうが、いつでも里帰りする気があるみたいですね。

話はサウジアラビア大会”SUPER SHOWDOWN”でのブロック・レスナー戦に移ります。大舞台で超大物への挑戦権を獲得したリコシェですが、レスナーに瞬殺されてしまいました。これはビンスが彼のプッシュを「諦めた」ことの現れだとされています。

この試合について、リコシェはこう語っています。

夢みたいだった。レスナーがザ・ロックやカート・アングルと対面していたのを覚えてる。歴史の一部になれて嬉しいよ。

試合内容への言及はありませんが、WWEへの入団を熱望し続けていた青年にとっては、レスナーとのシングルマッチが組まれたということだけで幸せだったのでしょう。

今後のリコシェがどうなるかはわかりません。彼よりも数ヶ月前にビンスがプッシュを「諦めた」とされるセドリック・アレキサンダーはMain Eventへの出場がメインになり、RAWの最新回で24/7王座に挑戦して2分10秒で破れたことを自虐するようなツイートを投稿しました。

あわせて読みたい

【WWE】新型コロナウイルス感染対策としてサイン会に「非接触ルール」が導入される
世界中で感染が拡大している新型コロナウイルス。レッスルマニア36の開催地フロリダ州タンパでも感染者が確認されるなど、WWEにもその影響が及ぶ可能性は十分に考えられます。 プロレス団体ならびにレスラーにとって、ファンとの交流は重...
デヴィッド・スターがwXwに別れを告げる。その背景にWWEの圧力?
アンチWWEの旗頭としても知られる人気インディレスラーのデヴィッド・スターが、定期参戦していたドイツの団体wXwに別れを告げました。 スターは3月7日に開催されたwXwのイベントでボビー・ガンズを相手にwXw統一世界王座の防衛...

 

タイトルとURLをコピーしました