スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホンはレッスルマニア36を「無人の大会場」で開催しようとしていた?WWEパフォーマンスセンターでの開催に至った経緯とは

ニュース

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、今年のレッスルマニア36は無観客のWWEパフォーマンスセンターで収録された内容がメインの録画放送になりました。放送内容は既に収録済みと報じられています。

レッスルマニア36の開催については、WWE内でも意見が分かれていました。ほぼ全員が「延期」を望んでいたものの、リーダーのビンス・マクマホンは「4月開催」を譲らず、部下たちは従わざるを得なかった、とPWInsiderは報じています。

【WWE】レッスルマニア36を「延期させたくなかった」のはビンス・マクマホンだけ?
プロレス界最大のイベント、レッスルマニア36は無観客での開催になりました。現役スーパースターの中にはイベントの延期を望んでいる者も多いと報じられている中、延期という選択肢が選ばれなかったのは、ビンス・マクマホンの意向が働いたからだとPWIn...

Sports Illstratedによれば、ビンスは「ある時点までは」元々の会場として予定されていたフロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムを使って無観客でショーを開催することを考えていたそうです。

しかし、ビンスはこの考えを捨てざるを得ませんでした。SIは、ビンスの成功の一部は彼の頑固さにあると認めつつ、レイモンド・ジェームス・スタジアムでの開催が不可能であった理由を説明しています。

1つはフロリダ州政府。パンデミックが起きている中でプロレス界最大のイベントを開催することがフロリダ州にとって好ましいこととはとても言えません。また、巨大なフットボール・スタジアムで無観客大会を開催することは、WWEパフォーマンスセンターで無観客収録を行うことよりも遥かに大変なことです。

このような理由で、ビンスはレッスルマニア36の実施にWWEパフォーマンスセンターを使うことを決めました。SIは、「中止するという判断は彼の信条や感性のすべてに真っ向から反することになるだろう」と、希望者が多かった「延期」という意見を採用しなかった理由を推測しています。

無人の大会場で開催されていたら、それはそれで歴史的な大会になっていたでしょうね。ただ、失うものも多かったのではないかと思います。

あわせて読みたい

【AEW】Dynamiteの収録にジョージア州当局者が立ち会っていたことが明らかに。その理由は?
今週放送されたDynamiteは、ジョージア州にある、Codyが指導的役割を務めるトレーニング施設"The Nightmare Factory"(正式名はThe One Fall Power Factory。TNFは仲間内のあだ名)で収録さ...
WWE内に新型コロナウイルスの陽性反応が出た者は「現時点では」いないと報じられる
新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なアメリカ。世界最大手のプロレス団体であるWWEは、厳格な予防策を導入することでウイルスと戦い、スタッフと団体を守っています。 現地時間4月4・5日に放送されるレッスルマニア36の収録...
タイトルとURLをコピーしました