スポンサーリンク

WWEが選手とスタッフに対し今週の収録に関するメールを送信する

ニュース

新型コロナウイルス流行の大打撃を受けているアメリカ。WWEはWWEパフォーマンスセンターからの無観客放送を続けています。

PCのあるフロリダ州では現在外出禁止令が出されていますが、この命令が効力を持つ前にWWEは今週のNXTまでの収録を終えています。今週のSmackDownから再始動という状況です。

今後のWWEがどのように番組を作っていくのかという点については様々な噂が流れました。生放送を再開する、現在は封鎖されている秘密の場所で収録を行うなど……。

TMZによれば、WWEは選手とスタッフに対し、PCで行われる今週の「収録」に関するメールを送信したそうです。そこには新型コロナウイルス流行下での作業手順のアウトラインが書かれており、WWEの医療チームが今後もPC入場前に全員の検温を行うこと、入場が遅れる可能性があるので早めに到着するように、という命令、(自家製を含めた)マスク着用の推奨、自家製マスクの作り方などが記載されていたとのこと。

Fightfulによれば、収録は今週金曜日から来週木曜日まで続き、その量は3週間分になるそうです。今週のSmackDownが生放送なのか収録なのかはまだはっきりしていません。

(TMZ)

あわせて読みたい

【NXT VS AEW】HHH「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」を語る
2019年10月2日から始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。新型コロナウイルスの感染拡大によって両番組が無人の会場で番組を収録するようになった今も争いは続いており、2020年は...
【WWE】レイ・ミステリオがレッスルマニア36を欠場した理由を明かす
今年のレッスルマニア36はアメリカでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、WWEパフォーマンスセンターで収録された映像を中心とした放送になりました。数人のWWEスーパースターが体調不良などの理由によって収録に参加できないという状況の中、レイ...
タイトルとURLをコピーしました