スポンサーリンク

【WWE】ケイン・ヴェラスケスが解雇される?

ニュース

先日、WWEは大規模なリストラを敢行しました。多くのレスラーたちが職を失う中、あの大物も解雇されていたとレスリング・オブザーバーが報じています。

デイブ・メルツァーによれば、先週、元UFC世界ヘビー級王者で、2019年10月のサウジアラビア大会”Crown Jewel”でWWEデビューを果たしたケイン・ヴェラスケスが解雇されていたそうです。

解雇の理由はリストラされた多くのレスラーたちと同じく、経費削減。WWEとヴェラスケスは複数年契約に合意していましたが、彼らの契約はWWEがいつでも契約を解除できるというものだったそうです。

WWEデビューを果たす前はAAAで華々しくプロレスラーデビューを果たすなど、ネームバリューだけではない活躍ぶりを見せていました。メルツァーは、AAAがヴェラスケスを復帰させようとしているのではないかと指摘しています。

また、WWE契約前はAEWも彼に興味を示しており、また彼自身もAEWのプロレスが好きだと発言していました。次の所属先がAEWになる可能性はゼロではありませんが、WWEと同様にAEWも苦しい状況にあり、これ以上人材を確保したいとは考えにくいとのこと。

いずれにせよ、新型コロナウイルスのパンデミックが収束するまでは、本格的な活動再開は難しいのかもしれません。

(Wrestling Observer, SESCOOPS)

あわせて読みたい

【ROH】マーティ・スカルが5月末までの全イベントキャンセルという決断を語る。「胸が張り裂けそうだった」
2020年1月にROHとの再契約に合意し、ヘッドブッカーに就任したマーティ・スカル。新たな一歩を踏み出した2020年は彼にとって特別な一年になるはずでした。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックによって計画は多いに狂い、ROHは5月末まで...
【新日本プロレス】ジョン・モクスリーが海野翔太を語る「大スターに、日本のキングになってほしい」
AEW世界王座、そしてIWGP USヘビー級王座の二冠王者であり、海野翔太の師匠的存在であるジョン・モクスリー。 2019年の夏、モクスリーはG1 CLIMAXに参戦しました。その時、タッグパートナーに海野を抜擢し、"Shoo...
タイトルとURLをコピーしました