スポンサーリンク

WWEから解雇されたケイン・ヴェラスケスの進む道はMMA復帰?それともプロレス?

ニュース

先日、元UFC世界ヘビー級王者のケイン・ヴェラスケスがWWEから解雇されました。目立った出番は2019年10月のサウジアラビア大会”Crown Jewel”でのブロック・レスナー戦だけ。3年契約を全うすることはできませんでした。

【WWE】解雇されたケイン・ヴェラスケスとのそもそもの契約意図は何だったのか?
元UFC世界ヘビー級王者のケイン・ヴェラスケスがWWEと3年契約を結んだのは2019年10月のことです。月末に開催されたサウジアラビア大会"Crown Jewel"ではブロック・レスナーとのシングルマッチが組まれ、話題になりました。 ...

MMAファイターとしての輝かしい実績を持つヴェラスケス。今後どのようなキャリアを歩んでいくのかに注目が集まっています。MMA復帰?それともプロレスラー続行?

彼自身は今後について何も語っていませんが、彼のMMA時代のコーチを努めていたハビエル・メンデスは、ヴェラスケスがUFCに復帰することはないと語っています。その理由は、「プロレスをしているから」。

親しい人物は今後もケイン・ヴェラスケスはプロレスを続けると考えているようですね。WWE入団前に彼に対しては、AEWと新日本プロレスが興味を示していました。新日本への参戦は新型コロナウイルスのパンデミックが収束しない限り難しいでしょう。

ただ、テレビ番組の放送を継続しているAEWなら可能性はゼロではありません。とはいえ、AEWはこれ以上ロースターに厚みをもたせるつもりはないのではないか、という話もあり……。どうなるかはわかりません。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

ケニー・オメガ VS ジョン・モクスリー戦が原因で、AEWが州から罰金を科せられる
現地時間11月9日に開催されたAEWのPPV"Full Gear"。この日最も話題になったのは、ケニー・オメガとジョン・モクスリーによるデスマッチでした。 ケニーによる板がむき出しになったリングへのフェニックス・スプラッシュな...
ACHが「WWEの人種差別告発騒動」を振り返る。「多くのファンを失望させてしまった」
2019年10月、当時WWEで「ジョーダン・マイルス」というリングネームで活動していたACHは、WWEが制作した彼の新グッズが人種差別的であると告発しました。暴走した彼の怒りはあらゆる方向に向けられ、その結果としてプロレス界での立場が危うく...
タイトルとURLをコピーしました