スポンサーリンク

【WWE】エンバー・ムーンがアキレス腱の怪我を語る。「振り返って後悔するのがとても辛いんです」

ニュース インタビュー

高い身体能力を活かしたスタイルが魅力の女性スーパースター、エンバー・ムーン。2019年10月にアキレス腱を負傷し、長期欠場に入っています。

【WWE】ダニエル・ブライアンと永田裕志のやりとり / エンバー・ムーンの怪我の状態は?
ニュースをまとめて紹介。 ダニエル・ブライアンと永田裕志のやりとり 先週のSmackDownで、ダニエル・ブライアンとドリュー・グラックが「差し合い」をする一幕がありました。 この様子を見た新日本プロレスの永田裕志は、 ...

復帰が待たれる中、彼女は”WWE Backstage”の最新回に出演し、怪我について語りました。

WWEでのキャリアを振り返ってみると、もう5年もここにいるんですよね。アスカの連勝記録を破ったのは私だと言えたらよかったし、SummerSlamでのベイリー戦(2019年、SmackDown女子王座戦。ムーンは挑戦者だった)をもっとうまくやれていれば、とも思うんです。

これまでにやってきたことや、やり直したいことについて振り返れば振り返るほど、今の怪我について考えてしまうんです。キャリアを終わらせなければならないような怪我をしているかもしれないことに気付いているんです。大変な怪我から復帰して、自分がやりたかったこと、やりたいことをするチャンスはないかもしれません。前に向かおうとすると、振り返って後悔するのがとても辛いんです。

でも、私は前を向いて突き進む続けますよ。プロレスを愛しているから。これが私の情熱であり、これまでの人生の中で自分のために望んできた唯一のものだから。振り返るのではなく、前を向いて、今まで以上に良くなるチャンスが欲しいんです。振り返るのはとても辛い。本当です。

難しいことだけど、もっとたくさんの試合をしたいと思っています。やりたいことはまだまだたくさんあるんですよ。言ったように、あなたたち(共演者のブッカーTやマーク・ヘンリー)のレベルに到達しようとしているんです。

彼女は評価の高いレスラーなので、復帰が待ち遠しいです。そして、またアスカと抗争を……。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】タイナラ・コンティが語る「WWEにおける他分野出身レスラーの苦悩」
2020年1月、柔道出身の若手女子スーパースター、タイナラ・コンティが所属団体のWWEに対してリリースを要求しました。これは受け入れられなかったものの、彼女は4月の大リストラで解雇されました。 最新インタビューの中で、...
【WWE】退団したドリュー・グラックには復帰の可能性も
先日、元NXTクルーザーウェイト級王者のドリュー・グラックがWWEとの契約を満了し、退団したことが明らかになりました。グラックが昇給を求めたものの、WWEがそれを拒んだのが退団に至った主な理由とされています。 彼は契約...
タイトルとURLをコピーしました