スポンサーリンク

WWEが初の中東出身レスラーを解雇したと報じられる。中東進出の鍵を握っていたはずが……。

中東出身のNXTレスラーが解雇される

女子プロレス専門のニュースサイト”Squared Circle Sirens“の運営者によれば、WWEは”Shadia Bseiso”と”Nasser Alruwayeh”の2名を解雇したそうです。

”Shadia Bseiso”はWWE史上初のアラブ系女子レスラーで、”Nasser Alruwayeh”はWWE史上初のクウェート出身男子レスラーでした。2人は2017年に開催されたトライアウトに合格してWWEに入団。HHHはアブダビで大規模な入団会見を行い、2人の入団を発表していました。

Alruwayehは去年の秋にハウスショーでデビューを果たすものの、ほとんど試合に出場することはありませんでした。柔術出身で、地元テレビ局の番組司会者でもあったBseisoはインタビューの仕事を数件したのみで、試合には出場できないままだったようです。

近年、WWEは中東進出にも力を入れていて、2018年にはサウジアラビアと10年契約を結びました。既に2度のPPVが開催されており、今年は6月にPPVが開催される予定になっています。地元出身のスターが欲しかったWWEにとって、トライアウトで目をつけたスター候補の芽が出ないまま解雇という結果に終わってしまったことは痛恨のミスでしょう。ただ、当の本人たちにとっては幸せなこともありました。今年の1月に2人は結婚したのです。

今回の件について、WWEから正式な発表はまだありません。

(参考:24Wrestling)

・あわせて読みたい

【海外の反応】「AJスタイルズ時代のBullet Culbこそナンバーワン」海外ファンが考えるAJ期のBullet Club
4代目リーダー、ジェイ・ホワイトを中心に、ヒールユニットとしての悪さを取り戻したBullet Club。歴代リーダーにはそれぞれの魅力があり、どの時代も思い出深いものですが、今回は海外ファンによる「(The Eliteが居なかった頃の)AJ...
WWEとサーシャ・バンクスの関係は修復不可能なのか?ネヴィルと同じ状態になる可能性も
レッスルマニア35でWWE女子タッグ王座の防衛に失敗したサーシャ・バンクスとベイリー。2人が負けるというブックを事前に知らされていなかったことでサーシャが激怒し、WWEに対してリリースを要求した事件の続報です。 レスリ...
改名があまりにも不評だったヴァイキング・エクスペリエンス(元ウォー・レイダース)、不評すぎてまた改名する
ここ最近のWWEで最も評判の悪かった事案といえば、NXTタッグ王者のウォー・レイダースが改名させられてしまった件でしょう。 メインロースター昇格に伴ってチーム名を「ヴァイキング・エクスペリエンス」に、ハンソンは「アイヴァー」、...
タイトルとURLをコピーしました