スポンサーリンク

KUSHIDAのWWEデビュー戦は来週放送! / ヴァイキング・レイダース(元ヴァイキング・エクスペリエンス、ウォー・レイダース)、また改名されたかも

ニュースをまとめて紹介。

KUSHIDAのWWEデビュー戦は来週放送される

4月からWWEに移籍したKUSHIDA。既にハウスショーで数試合をこなしているタイムスプリッターのデビュー戦が、来週のNXTで放送されることが明らかになりました。対戦相手はカシアス・オーノ(クリス・ヒーロー)。重量級・パワータイプのレスラーに対してどのようなプロレスを見せてくれるのでしょうか?

ハウスショーではかつてのライバル、カイル・オライリーが所属するユニット”The Undisputed ERA”とも対戦しているKUSHIDA。どのようなストーリーが展開されていくのか、とても楽しみです。

ヴァイキング・レイダース(元ヴァイキング・エクスペリエンス、ウォー・レイダース)、また改名されたかも

NXTタッグ王者チーム、ウォー・レイダースの改名騒動については当ブログでもくり返し扱ってきました。流れを簡単に説明するとこんな感じ。

  1. メインロースター(RAW)昇格に伴ってチーム名が「ヴァイキング・エクスペリエンス」に、ハンソンは「アイヴァー」、ロウは「エリック」にリングネームを変更することが発表され、ファンが激怒。
  2. 改名の経緯が明らかに。ビンス・マクマホンが「ウォー・レイダース」という名前を気に入らず、RAW初登場の当日に変更を命じた。
  3. 新チーム名があまりにも不評だったので、「ヴァイキング・レイダース」に再改名。

そして今、再び彼らのタッグチーム名が変更されたかもしれません。WWEがファンのリアクションを調査する公式アンケートサイト”WWE Fan Council survey”の最新アンケートで、彼らのチーム名は”Viking Warriors”と表記されているのです。

ウォー・レイダース→ヴァイキング・エクスペリエンス→ヴァイキング・レイダース→ヴァイキング・ウォーリアーズ……?ただし、この件を報じた複数メディアは、この表記がタイプミスである可能性を指摘しています。「ヴァイキング・レイダース」という名前が採用された時の候補の1つだったかもしれませんし。この件はWWE内の改名騒動の混乱を象徴するものなのでしょう。

ちなみに、WWEのロースター一覧ページでは今も「ヴァイキング・レイダース」となっています。

・あわせて読みたい

【海外の反応】「AJスタイルズ時代のBullet Culbこそナンバーワン」海外ファンが考えるAJ期のBullet Club
4代目リーダー、ジェイ・ホワイトを中心に、ヒールユニットとしての悪さを取り戻したBullet Club。歴代リーダーにはそれぞれの魅力があり、どの時代も思い出深いものですが、今回は海外ファンによる「(The Eliteが居なかった頃の)AJ...
WWEとサーシャ・バンクスの関係は修復不可能なのか?ネヴィルと同じ状態になる可能性も
レッスルマニア35でWWE女子タッグ王座の防衛に失敗したサーシャ・バンクスとベイリー。2人が負けるというブックを事前に知らされていなかったことでサーシャが激怒し、WWEに対してリリースを要求した事件の続報です。 レスリ...
ザック・セイバー・ジュニアが飯伏幸太に興味深いメッセージを送る。「俺たちは正しい選択をしたよね」
ザック・セイバー・ジュニアが飯伏幸太に興味深いメッセージを送る 20日に行われたIWGPインターコンチネンタル王座決定戦で激戦を繰り広げた飯伏幸太とザック・セイバー・ジュニア。試合後、飯伏が「新日本プロレスと契約した」と発表したことについ...
タイトルとURLをコピーしました