スポンサーリンク

ネクロ・ブッチャーが悪性リンパ腫の一種「ホジキンリンパ腫」に罹患していることを公表する

ニュース

CZWや大日本プロレスなどで活躍したデスマッチレスラーのネクロ・ブッチャーが、難病「ホジキンリンパ腫」に罹患していることを明かしました。

ホジキンリンパ腫は悪性リンパ腫の一種です。

悪性リンパ腫は、血液細胞に由来するがんの1つで、白血球の1種であるリンパ球ががん化した病気です。

首や腋(わき)の下、足の付け根などリンパ節の多いところに、通常は痛みのないしこりとしてあらわれます。数週から数カ月かけ持続的に増大して縮小せずに病状が進むと、このしこりや腫れは全身に広がり、進行するに従って全身的な症状がみられるようになります。全身的な症状としては発熱、体重の減少、盗汗(とうかん:顕著な寝汗)を伴うことがあり、これらの3つの症状を「B症状」といいます。

その他には、体のかゆみや皮膚の発疹、腫瘤(しゅりゅう)により気道や血管、脊髄(せきずい)などの臓器が圧迫されると、気道閉塞、血流障害、麻痺(まひ)などの症状があらわれ、緊急で治療が必要な場合もあります。

発症の原因はまだ明らかではありませんが、細胞内の遺伝子に変異が加わり、がん遺伝子が活性化することで発症すると考えられています。また、一部にはウイルス感染症が関係することや、免疫不全者に多いことが知られています。

(引用: 国立がん研究センター がん情報サービス)

ブッチャーがFacebookに投稿した文章によれば、彼はステージ3という診断を受けたそうです。国立がん研究センターによれば、ステージ3は進行期ホジキンリンパ腫に分類され、化学療法による治療が行われるそうです。ステージ3の5年生存率は65.3%とのこと。

あまり軽々しいことは言えませんが……また元気な姿を見せてもらいたいです。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガが新日本 & ROHのMSG大会"G1 SUPERCARD"不参加を語る。「新日本の特別さを見せたかった」
2019年4月、新日本プロレスとROHは世界で最も有名なアリーナの1つであるマディソン・スクエア・ガーデンで合同興行"G1 SUPERCARD"を開催しました。2019年1月まで新日本に所属していたケニー・オメガは、イベント開催が発表された...
ブリー・レイ(ババ・レイ・ダッドリー)がROHとの契約を終えていたことが明らかに
伝説のダッグチーム「ダッドリー・ボーイズ(チーム3D)」のメンバーとしての活躍が知られるババ・レイ・ダッドリー。2017年から「ブリー・レイ」のリングネームでROHに所属し、バックステージの仕事も任されていました。 しかし、レ...
タイトルとURLをコピーしました