スポンサーリンク

【新日本プロレス】タマ・トンガが語る「Bullet Clubでの活動に活かした『軍隊で学んだこと』」「クラブ入りしたがるレスラーたちの存在」

ニュース

クリス・ヴァン・ブリエットのYoutubeチャンネルに新日本プロレスのタマ・トンガが登場し、様々な話題について語りました。この記事では、「Bullet Clubでの活動に活かした軍隊で学んだこと」と「クラブ入りしたがるレスラーたちの存在」についてタマちゃんが語ったことを紹介します。

Bullet Clubでの活動に活かした軍隊で学んだこと

“NJPW On The Road”でも語られているように、タマは従軍経験があります。

NJPW OnTheRoad : Tama Tonga #2

軍隊で学んだことは、Bullet Clubの活動にも活かされていたそうです。

つまり、(Bullet Clubの人気によって)経済的に余裕ができるようになったんだ。そこが大きく変わったところだね。それが第一ではあるんだけど、まあ、プロレスとはどうすべきものなのか、どうすればいいのかという認識も変わったね。軍隊で学んだことを応用したんだ。つまり、チームワークであり、適応であり、打ち勝つことであり、前進し続けることだ。初期のBullet Clubはかなりミリタリー・スタイルだったでしょ。筋の通る部分で俺の軍人としての独自性をたくさん入れていたんだよ。

“Bullet Club”というユニット名にラグビー選手だったバッドラック・ファレの意見が反映されていることも踏まえて考えると、このユニットは今も在籍中の初期メンバーのバックグラウンドがかなり反映されていたことがわかりますね。

【新日本プロレス】プリンス・デヴィットが考えていたBullet Clubのユニット名候補をタマ・トンガが明かす
2013年に結成されて以来、新日本プロレスの海外ファン拡大に貢献し続けてきたBullet Club。3代目リーダーのケニー・オメガ時代はダーク・ヒーロー路線で活動していたものの、BCは一貫して外国人ヒールレスラーの集まりとして存在感を示して...

クラブ入りしたがるレスラーたちの存在

世界的な人気ユニットに成長したBulle Clubには、「加入したい」と考えるレスラーが数多く存在します。メンバーを増やすという決定について、タマはどう考えているのでしょうか?

クラブに入りたいレスラーがいるのは知ってるよ。最初の頃なら、何であろうと加入させるようにしていたと思う。でも、実際にはそんなことはしなかった。3〜4年活動して多くのことを学び、「よし、慎重にやろう」と思うようになったんだ。nWoのことを悪く言うわけじゃないけど、ああいう結末にはしたくなかったし。nWoはメンバー数が多いからね。多くのメンバーがいても、混乱した状態にならないようにする方法があると思うんだ。

大所帯となったnWoの結末はスッキリしないものでした。Bullet Clubに終わりが来るかどうかはわかりませんが、現時点では統制は取れているように感じます。ジェイ・ホワイトとEVILがどのように混ざり合うのか次第かもしれませんが……。

(参考: Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】ベルベティーン・ドリームの復帰に対するファンからの批判の声についてHHHがコメントする
現地時間8月12日放送のNXTで久々に番組に復帰したベルベティーン・ドリーム。彼は6月下旬に欧米のプロレス界を揺るがした#SpeakingOutムーブメントの中で未成年の女性に対してわいせつなメッセージを送信していたことを暴露されていました...
【WWE】NXT王座の新王者カリオン・クロスがタイトルマッチ中に負傷
現地時間8月22日に配信された"NXT Takeover: XXX"。メインイベントはNXT王者キース・リーの防衛戦でした。挑戦者はカリオン・クロス。2020年2月にWWEに入団して以来、プッシュが続いているレスラーです。 試...
タイトルとURLをコピーしました