スポンサーリンク

【新日本プロレス】タマ・トンガが「WWEに移籍するレスラーたちへの想い」を語る

インタビュー

クリス・ヴァン・ブリエットのYoutubeチャンネルに新日本プロレスのタマ・トンガが登場し、様々な話題について語りました。ここでは、新日本からWWEに移籍するレスラーたちへの想いを語ったパートを紹介します。

新日本からWWEへの移籍者は毎年のように現れます。外国人レスラーが中心のユニットBullet Clubの初期メンバーであるタマは仲間との別れを何度も経験しています。

WWEに旅立つレスラーたちについて、彼はどう思っているのでしょうか?

第一に、俺たちはみんなお金を稼ぐためにリングに上がるんだ。お金を稼げるプラットフォームに昇進するのは嬉しいよ。第二に、みんなが俺たちのリングから離れていくのは寂しい。でも、最終的には自分の家族を支えるためにできることをしないといけないからな。誰かが離れていくのはいつだって辛いよ。「うわぁ」って感じだ。特に相性の良いレスラーが出ていく時はね。

彼らは友人だ。一緒にツアーに出るから、共に過ごす時間は家族よりも長い。彼らのことを知り、内面や外面、家族、私生活、浮き沈みを知ることになる。つながりを持つんだ。同じホテルに滞在し、同じバスに乗り、隣同士に座り、互いのことを語り合い、一緒に朝食、昼食、夕食を摂る。だから、俺たちは家族みたいな存在になるんだよね。自分の子どもよりも長い時間を一緒に過ごすんだ。そんな存在がいなくなったら、自分の体の一部が奪われてしまうようなもんだよ。

ずっと一緒にだけではなく、プロレスラーは痛みや感情を共有しますからね……。家族のような存在が定期的に団体を去っていくことの辛さが伝わってきました。

NJPW OnTheRoad : Tama Tonga #3

(参考: Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】FTRのダックス・ハーウッドが、AEWを「マイナーリーグ」呼ばわりするファンを痛烈批判
2020年7月30日にAEWへの正式入団が発表されたFTR(ダックス・ハーウッド & キャッシュ・ウィーラー。元WWEのThe Revival)。念願のWWE退団が実現した後は、タッグ戦線がアツいAEWを活躍の場に選びました。 ...
【WWE】"Thunderdome"の悪質なイタズラへの対抗策は「ファンの信頼性」?
先週のSmackDownから、WWEはデバイスのカメラに映ったファンを客席にデジタル表示する新たな観戦システム"Thunderdome"'を導入しています。 客席にファンが戻ってきたのは喜ばしいことなのですが、今週放送されたR...
タイトルとURLをコピーしました