スポンサーリンク

ミロ(ルセフ)のAEW入団について、AJスタイルズがコメント。「求められているところに行かなければ」

インタビュー

AEW・Dynamiteの最新回に電撃参戦したミロ(ルセフ)。団体とは長期契約を結び、新日本プロレスにも参戦可能なオプションが付いているそうです。

AEW入団のミロ(ルセフ)。新日本プロレスに参戦可能な契約を結んだことが明らかに
AEWの所属選手は基本的に専属契約を結んでいますが、大物レスラーは海外の団体に参戦可能な契約を結んでいることがあります。代表例はクリス・ジェリコとジョン・モクスリーでしょう。2人はAEW所属でありながら新日本プロレスにも参戦し、ベルトを腰に...

彼のWWE時代の同僚であるAJスタイルズは、Twitchでの配信で「ミロ」のAEWデビューについて語りました。

 いいかい、これが俺たちのいるビジネスなんだ。レスラーは求められているところに行かなければならない。新しい組織の力になりたいと思っている時に向こうから来てほしいと言われたら、それに向かっていくのは当然のことだよ。

レスラーにとってのビジネス上での決断は自分の利益が第一だ。良いも悪いもない。全ては見方次第だよ。

ミロは知名度もありますし、WWEでどのようなことを考えていたかを多くのファンが知っています。AEWでは他のWWE出身レスラーたちと同等の活躍の場が与えられるのでしょうし、彼にとっても移籍はいいことでしょう。

(参考: Ringside News)

あわせて読みたい

【NXT VS AEW】ライバル番組の放送がない水曜日。Dynamiteが2020年初の視聴者100万人超えを達成
2019年10月から始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。8月中旬から様々な理由で両番組の放送曜日が変更され、水曜日の夜の同時間帯にプロレス番組が放送されることはなくなっています...
元WWEタイナラ・コンティがAEWと正式に契約したことが明らかに
2020年4月、WWEは大規模なリストラを敢行しました。多くのレスラーが解雇される中、以前からNXTでの活動に不満を持っていたことが知られていたタイナラ・コンティも対象者になっていました。 退団後、「WWEにおける他分野出身者...
タイトルとURLをコピーしました