スポンサーリンク

AEW入団のミロ(ルセフ)。新日本プロレスに参戦可能な契約を結んだことが明らかに

ニュース

AEWの所属選手は基本的に専属契約を結んでいますが、大物レスラーは海外の団体に参戦可能な契約を結んでいることがあります。代表例はクリス・ジェリコとジョン・モクスリーでしょう。2人はAEW所属でありながら新日本プロレスにも参戦し、ベルトを腰に巻いていました。

彼らの他にも、ケニー・オメガ、マット・ハーディー、ブロディ・リーが新日本に参戦可能であることを明かしていますが、Dynamiteの最新回でDynamiteに電撃参戦し、AEWとの契約が発表されたミロ(元WWEルセフ)も新日本に参戦可能なのだそうです。

【AEW】ミロ(元WWEルセフ)が電撃参戦!
2020年4月にWWEをリストラされたルセフ。団体とは以前から揉めており、常に退団の噂が流れている中でのリストラでした。退団後はTwitchやYoutubeで動画配信を行うといった活動を行っており、プロレスラーとしては「引退した」とうそぶい...

Fightuflによれば、AEWとミロは長期契約を結んでおり、新日本を含むいくつかの団体からのブッキングを受けることができるオプションが付いているとのこと。新日本がミロに興味を持っていたとしてもすぐに参戦できるような状況ではありませんが、もしかしたら彼と新日本のトップレスラーの対決が実現するかもしれません。

ただ、新日本とAEWの関係を考えると、新型コロナウイルスをめぐる状況さえどうにかなれば……という感じでもないのがむず痒いですね。Dropkickの生配信で両団体の社長の思惑を語っていたのはフミ斎藤さんだったと記憶していますが、あの状態が今も続いているのであれば、両団体の提携がいつ実現するのかサッパリですから。

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【NXT VS AEW】ライバル番組の放送がない水曜日。Dynamiteが2020年初の視聴者100万人超えを達成
2019年10月から始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。8月中旬から様々な理由で両番組の放送曜日が変更され、水曜日の夜の同時間帯にプロレス番組が放送されることはなくなっています...
【WWE】NXT王座の新チャンピオンはフィン・ベイラー。HHHが祝福コメント
NXTの最新回は、アメリカでは火曜日に放送されました。この日の目玉カードはフィン・ベイラーとアダム・コールによるNXT王座の新チャンピオン決定戦。先日の"Takeover: XXX"でキース・リーからベルトを奪取したカリオン・クロスが肩の負...
タイトルとURLをコピーしました