スポンサーリンク

【WWE】カイル・オライリーがフィン・ベイラーの持つNXT王座への挑戦権を獲得!次回のTakeoverでタイトルマッチ

ニュース

現地時間9月23日に放送されたWWE・NXTでは、5人のレスラーによるNXT王座のナンバーワン・コンテンダーマッチが行われました。

試合形式は参加者5人のガントレット・イリミネーター・マッチ。2人のレスラーがリングインした状態で試合が始まり、4分ごとに新たなレスラーがリングインします。ピンフォールもしくはタップアウトされたレスラーは敗北。最後までリングに残ることができたレスラーがベイラーへの挑戦権を獲得する、というルールです。

試合に出場したのは次の5選手です。

  • KUSHIDA
  • カイル・オライリー
  • ティモシー・サッチャー
  • キャメロン・グライムス
  • ブロンソン・リード

技巧派3人、オールラウンダー1人、巨人1人という構成。WWE移籍後初のタイトル獲得に向けて意気込むKUSHIDAでしたが、ベルベティーン・ドリームの介入もあり、リードのフロッグスプラッシュで敗北。ベルトは遠いですね……。

そのリードを、新日本時代のKUSHIDAのライバルだったオライリーがフライングニードロップでスリーカウント。さらにオライリーはサッチャーをスクルーボーイで破り、最後にリングに残ったのはオライリーとグライムスの2人になりました。

結局、試合を制したのはオライリー。ニーバーでタップアウトを奪いました。

WWE移籍後、シングルのベルトを一度も獲得していないオライリーには全力で頑張ってほしいです。

あわせて読みたい

【AEW】ランス・アーチャーが新型コロナウイルス感染。2週間離脱へ
AEW世界王座のナンバーワン・コンテンダーであるランス・アーチャーが新型コロナウイルスに感染し、2週間テレビ収録から離れることになりました。 今日、アーチャーはTwitterでコロナの検査結果を明かしました。 最後のショーか...
【WWE】残留を決断したジェフ・ハーディ。契約内容はどうなっているのか?
9月14日、ジェフ・ハーディはBT Sportのインタビューの中でWWEとの新たな契約を結んだと発表しました。契約を満了してAEWに移籍した兄マットとは異なり、今後も慣れ親しんだWWEで活動していくことになります。 PWIns...
タイトルとURLをコピーしました