スポンサーリンク

WWEが選手のTwitchアカウントを管理することに。活用してきたペイジはどう考える?

ニュース

先月、WWEは選手たちに対し10月2日までに「サードパーティ」の利用の利用を停止しなければ厳しく罰すると通達しました。YoutubeやTwitchなどの継続利用は許可されたものの、WWEは選手たちのTwitchアカウントを管理することになり、選手たちはTwitchで発生した収益の一部を受け取ることになります。

この件は、選手とファンの交流に影響を与えるだけでなく、新型コロナウイルスのパンデミックが起きて以来グッズ収入が減っている選手たちの収入源を奪うことにもつながることが批判されています。

【WWE】ビンス・マクマホンによる「サードパーティ利用禁止令」により、選手たちが困惑していると報じられる
Wrestling Incは、ビンス・マクマホンが選手たちに対してサードパーティの利用禁止を命じ、10月2日までに中止しなければ厳しい措置を取ると通達したと報じました。「サードパーティ」にはTwitchやYoutubeチャンネルが含まれるも...
【WWE】「サードパーティ禁止令」への批判の声に対し、WWEが声明を発表。「資産を守ることが必要不可欠」
先日、WWEの最高責任者であるビンス・マクマホンが選手たちのサードパーティ利用を禁止する命令を下していたことが明らかになりました。「サードパーティ」には、TwitchやYoutubeチャンネルなどが含まれると推測されています。この命令により...

SNSを有効活用し、ファンとの交流を続けてきたペイジは、この件について次のように語っています。

私のTwitchアカウントは私と素晴らしいファンのみなさんで一緒に作り上げた場所です。みんなと交流でき、ポジティブさや正しさをちょっとだけ感じることのできる場所。楽しいです。双方向のコミュニケーションだし、頭でっかちなところではなく、慈悲深い場所ですから。ファンと共に築き上げてきたものを誇りに思います。

今後もファンといい関係を築くことのできる場所であってほしいです。

あわせて読みたい

ジョーイ・ライアンが#SpeakingOutムーブメントで彼の過去を告発した人物を含むグループに訴訟を起こす
2020年6月にTwitterで大騒ぎになったハッシュタグ"#SpeakingOut"。プロレスラーたちが過去に犯した非行を多くの人物が告発しました。その多くは性的なもので、告発がきっかけで多くを失ったレスラーが現れるなど、業界全体に大きな...
カイリ・セインが日本でWWEプロモーションサポーターとして活動することを発表する
2020年7月にWWEから去り、日本に戻ったカイリ・セイン。WWEとは友好関係を継続しており、帰国以前から日本でWWE関連の仕事をするのではないかと噂されていました。 今日、カイリはTwitterでWWEプロモーションサポータ...
タイトルとURLをコピーしました